アスロングが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー!

アスロング

危険?アスロング成分は安全?健康被害・副作用は大丈夫?

更新日:

2017年度の『ノンシリコンシャンプー&トリートメントランキング』で堂々の第一位に輝いたアスロング。

 

日本で最も人気のある”ノンシリコンヘアケア商品”として、さらに注目を集めています。

 

アスロングの魅力は一言ではとても表現できませんが、強いて挙げるのであれば

 

  • 洗髪時の頭皮・髪の毛へのダメージを防いでくれる
  • 髪の毛のターンオーバーの促進
  • 髪の毛をキレイに伸ばしてくれる

 

などがあります。

 

さらに、癖毛やダメージヘア―に直接的にアプローチし、髪質そのものを改善してくれる効果が期待できます。

 

上記のように魅力が盛りだくさんのアスロングですが、市販のシャンプーのように大々的な宣伝を行っていないことから、「本当に安全なのか不安・・・」という声がちらほら挙がっています。

 

そこで今回は、アスロングの成分や副作用などの危険性について解説していきます。

 

アスロングシャンプーの成分解析

アスロングに含まれている成分を含有量の多い順に並べると下記のようになります。

 

それぞれの成分について簡単に説明をしていますので、参考にしてみてください。

 

アスロングのシャンプーに含まれる成分・効能一覧

  • ラウレス硫酸Na・・・洗浄力・脱脂効果(やや強い)
  • コカミドDE・・・泡立ちを安定させる効果
  • コカミドプロピルベタイン・・・低刺激で安全・しっとり仕上がる
  • スルホコハク酸ラウリル2Na・・・洗浄力が高い・泡立ちが良く低刺激
  • ペンチレングリコール・・・保湿・防腐効果
  • 塩化Na・・・収れん、増粘作用
  • フェノキシエタノール・・・無添加の防腐剤
  • ステアリン酸PEG-150・・・乳化剤
  • ラウロイルメチルアラニンNa・・・アミノ酸系の洗浄成分
  • 香料
  • ポリクオタニウム-10・・・柔軟効果・刺激防止作用
  • グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド・・・髪の毛を柔らかく、滑らかにする
  • クエン酸Na/クエン酸・・・ph調整
  • サリチル酸・・・育毛成分
  • エチドロン酸 キレート剤・・・品質を安定させる
  • デシルグルコシド・・・低刺激・安全な洗浄成分
  • BG・・・保湿剤
  • 加水分解卵隔膜・・・髪の毛・頭皮の補修・髪の毛に潤いやハリを与える
  • 海水
  • カラメル・・・天然の着色料
  • キハダ樹皮エキス・・・殺菌・収れん・抗炎症
  • アルガニアスピノサ核油・・・保湿・柔軟・抗酸化作用
  • シメン-5-オール・・・防腐・殺菌・防カビ効果
  • フェノールスルホン酸亜鉛・・・殺菌・防臭・消臭効果
  • アボカド油・・・保湿剤・油剤
  • リンゴ果実培養細胞エキス・・・エイジングケア成分の一種。皮膚の保湿をしてくれる
  • 加水分解シルク・・・補修・保護・保湿作用
  • ケラチン(羊毛)キサンタンガム・・・ハリ・コシ・退色防止効果
  • グリセリン・・・保湿成分
  • レシチン・・・天然の保湿成分
  • デキストラン・・・成分の安定性を高める
  • ローマカミツレ花エキス・・・育毛・養毛・フケ痒み防止
  • アルニカ花エキス・・・頭皮の血行促進・抗炎症効果
  • オドリコソウ花・葉・茎エキス・・・頭皮環境の改善・収れん作用
  • オランダガラシ葉・茎エキス・・・育毛・血行促進作用
  • ゴボウ根エキス・・・育毛・血行促進、フケ・かゆみ改善
  • セイヨウキズタ葉・茎エキス・・・育毛・抗炎症効果、ニキビ改善等
  • ニンニク根エキス・・・育毛・血行促進作用、フケ・かゆみ予防
  • セイヨウアカマツ球果エキス・・・育毛・養毛効果、保湿・血行促進効果等
  • ローズマリー葉エキス・・・血行促進、育毛・養毛、フケ・痒み予防
  • アセチルテトラペプチド-3・・・髪の毛の成長を促す・育毛効果
  • アカツメクサ花エキス イソフラボン・・・育毛効果

 

アスロングの成分を確認してみましたが、悪い成分は一切入っていませんでした。

頭皮・髪の毛に優しい成分がほとんどで、非常に優秀なノンシリコン製品です。

オーガニックエキスが配合されている点や、無添加というのも嬉しいポイントですね。

 

さらに、『アセチルテトラペプチド-3』や『アカツメクサ花エキス』が配合されているのも注目ポイントです。

この2つの成分が組み合わさると、キャピキシルという成分になります。

 

キャピキシルは、発毛・育毛成分としてとても高い作用を持つ成分のひとつです。

キャピキシルには『脱毛を止める作用』と『毛根復元による発毛作用』があるため、髪の毛を健やかに保つ効果が期待できます。

副作用の心配もなく、非常に優秀な成分です。

 

アスロングは、髪の毛を早く伸ばしたい人はもちろん、薄毛に悩む男性にもおすすめしたいヘアケア商品です。

 

アスロングの副作用や危険性は?

意外と洗浄力が強い?

アスロングには、『ラウレス硫酸Na』が配合されています。

ラウレス硫酸Naとは、多くの市販のシャンプーに配合されている洗浄成分の一種です。

洗浄力が強く、過度な洗浄を繰り返すと皮脂を取り過ぎてしまう可能性があります。

乾燥肌や敏感肌の人はかゆみやフケ、炎症などの原因となってしまうことがあるため注意が必要です。

ただし、アスロングには多くの潤い保湿成分が配合されていますので、副作用が起こる危険性はほとんどないと言っても過言ではありません。

 

肌荒れやアレルギーの可能性も!

アスロングには安全性の高い成分が厳選して配合されていますが、人によっては肌荒れやアレルギーを起こしてしまう可能性がある成分があります。

特に食物由来成分のアレルギーなどを持っている人は要注意です。

先ほどご紹介した成分一覧をしっかりと確認してから購入してください。

炎症やアレルギーが心配な方は、単品購入をして肌に合うかどうか試してから定期購入に申し込むと安心です。

なお、頭皮トラブルが発生した際は、定期コースであっても違約金無しで返品することができます。

 

香りの問題

アスロングには香り成分が配合されています。

副作用が起こる危険性はほとんどありませんが、稀にアレルギー反応が起こる可能性があります。

香り成分は天然由来のものが中心となっているためそれほど心配する必要はありませんが、アレルギーを持っている人は念のために注意してください。

 

アルコールに弱い人はパッチテストを

アスロングには、防腐剤として『フェノキシエタノール』というアルコールが使用されています。

一般的なヘアケア商品には『パラベン』という防腐剤が使用されることが多いですが、フェノキシエタノールはパラベンよりも安全性が高いと言われている成分です。

重大なアレルギーを引き起こす可能性はほとんどありませんが、頭皮が痒くなったり、肌に異変が見られたりしたときは使用を中止してください。

また、アルコールに弱い人はパッチテストを行ってから使用しましょう。

 

発がん性物質が含まれている

発がん性物質といってもごく微量であり、体に悪影響を与えたりがんが発症するなどの副作用が起こる可能性はほとんどありません。

発がん性物質にも様々な種類がありますが、アスロングの場合は『コミカドDEA』という物質が成分安定の目的で配合されています。

 

乾燥肌の人は炎症のリスクあり

アスロングには、シャンプーとしての洗浄力を高めるために『ラウレス硫酸ナトリウム』という成分が配合されています。

しっかりと汚れを落とすには泡立ちを良くする必要があり、ラウレス硫酸ナトリウムがその役割を担っています。

しかし、乾燥肌の人が使用すると必要な皮脂まで洗い流してしまい、炎症に繋がる可能性があります。

 

ノンシリコン処方によるダメージ

シリコンが含まれていないためで、摩擦や熱に弱いという弱点があります。

毎日ヘアアイロンやコテを使用する人や、屋外で多くの紫外線を浴びる人、静電気が起きやすい人は注意が必要です。

 

ニキビができる

アスロングのトリートメントには高い保湿力と浸透力を誇るアルガンオイルが配合されています。

高い保湿力と浸透力を誇る一方で、アルガンオイルにはアクネ菌が好む「オレイン酸」が含まれています。

オレイン酸が必ずニキビの原因になるとは限りませんが、ニキビができやすい人は注意した方が良いかもしれません。

 

オイルの劣化

アスロングは、トリートメントに配合されているアボカド・アルガンオイルによって保湿力を高めています。

アボガド・アルガンオイルは即効性のある保湿成分ですが、持続性が弱いというデメリットがあります。

オイルは年数が経過すると酸化を起こすため、手触りが悪くなって匂いが発生する可能性があります。

毎日使用するのであれば劣化する前に使い切ることができますが、シャンプーを使い分けている人や髪の毛を洗う頻度が少ない人は、頭皮と髪に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

アスロングを使用して副作用が起こったという報告はあるの?

アスロングの副作用の報告について調べてみましたが、特にありませんでした。

アスロングは天然植物由来成分にこだわったオーガニック製品のため、化学成分による強い副作用が起こったという報告自体ないようです。

逆に「敏感肌でも問題なかった」「炎症が起こらなかった」といった声が多く見受けられました。

 

アスロングはどうして安全なの?

天然由来の成分だから安心

アスロングが安全だといえる最大の理由は、天然由来の成分が厳選して配合されているからです。

余計な添加物が使われていると肌トラブルのリスクが高まりますが、アスロングには添加物が配合されていません。

 

自然に髪が伸びる

何もしなくても、毛根が生きている限り髪の毛はゆっくりと伸びていきます。

いくら高価なヘアケア商品であっても、無理やり伸ばすのは難しいのが現状です。

 

一方で、アスロングは自然に伸ばすことを意識して開発されたヘアケア商品です。

毎日の洗髪時に頭皮と髪の毛に栄養を行きわたらせ、健康な髪を作り出すことができるのです。

 

医薬品レベルの製法で作られている

アスロングはそもそも医薬品ではないため、副作用などのトラブルが起こる心配はありません。

また、アスロングは厳重な品質管理が行われている国内の工場で製造管理され、高品質を保つために徹底した検査が行われています。

医薬品レベルの製法で開発・製造されているため、安全性が高いのです。

 

ラウレス硫酸Naを配合

先ほどもご紹介しましたが、ラウレス硫酸Naは洗浄力が強い成分で、乾燥肌の人は避けた方がいいとも言われています。

しかし、ラウレス硫酸Naは、より肌トラブルを起こしやすいラウリル硫酸を改良した成分でもあります。

洗浄力こそ強いものの、ラウリル硫酸よりも成分が肌の奥まで浸透しにくくなっています。

そのため、肌表面の汚れだけを取り除きながら、刺激を最小限に抑えることができます。

 

洗浄力を必要としながらも肌への優しさを求める方には、ラウレス硫酸Naと保湿力の高いオーガニックエキスが配合された、アスロングのシャンプーがおすすめです。

 

デメリットを考慮した成分が配合がされている

アスロングはノンシリコン特有の”熱や摩擦に弱い”というデメリットがありますが、デメリットを補うために熱に強いアボカドアルガンオイルが配合されています。

アボカドアルガンオイルは、ドライヤーなどの熱から髪の毛を守ってくれる役割を担っている成分です。

また、経年劣化によるオイルの酸化を抑制するために、抗酸化作用のある『トコフェロール』が配合されています。

トコフェノールは、頭皮や髪を酸化から守ってくれる成分です。

優れた成分にはデメリットが付きまとうものですが、アスロングはデメリットを解消させる成分をバランスよく配合することで、危険性を相殺しているのです。

これまで副作用の報告がされていないことからも、アスロングの危険性はかなり低いと考えられます。

 

まとめ

アスロングは頭皮と髪の毛に優しい成分が厳選して配合されています。

成分ひとつひとつを見ていくと、アレルギー反応を起こす危険性があるものもありますが、その影響は限定的でほとんど心配しなくても良いでしょう。

体質によっては合う合わないがありますので、心配な人はパッチテストを行ったり、少量から使い始めてみてください。

ぜひ、安全性が高く、髪の毛にも頭皮にも優しいノンシリコン100%のアスロングを試してみてはいかがでしょうか?

 

*ノンシリコンの大人気シャンプー&トリートメント「アスロング」の体験談レビューはコチラ!

レビュー
【体験談レビュー】アスロングが効果ないってホント?実際に購入して使ってみた!

アスロングを買って使ったレビューとその効果! アスロングを実際に使用して、本当に髪の毛が早く伸びるのかどうか試してみまし ...

続きを見る

-アスロング

Copyright© 【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.