アスロングが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー!

シャンプー選びについて

ノンシリコンシャンプーの効果とは?シリコンってそんなに髪に悪いの?

更新日:



ノンシリコンシャンプーを使たことってありますか?

CMで髪にいいって耳にしたり、美容室で勧められたりするのもノンシリコンシャンプーだったりするので、よく分からないけど、なんか髪にはいいんだろうなぁ・・と思っている人が多いんじゃないでしょうか?

 

でも、実際に使ってみるとなんか髪がキシキシしたりして、どこが髪に良いんだろうって、結構ナゾだったりするノンシリコンシャンプーです。

今回は、そんなノンシリコンシャンプーについてみていきましょう。

 

ノンシリコンシャンプーとは ”シリコンが入っていない” という意味

ノンシリコンシャンプーと聞くと、ほとんどの人がそれは髪にいいシャンプーだと、なんとなく思ってしまうんじゃないでしょうか。

シリコンってなんだか知っていますか?そんなに髪に悪い物なんですか?

ほとんどのシャンプーやトリートメントに入っているのに?

 

ノンシリコンシャンプーというのは、それ以上でもそれ以下でもなく、ただ単にシリコンが入っていないシャンプーのことです。

はっきり言って、シリコンが髪に悪いものなわけではありません。

髪に良いシャンプーかどうかは、髪の毛の洗浄成分と補修成分に何を使っているかというところを見るべきなんですよ。

 

髪の毛や頭皮の汚れを落としてくれるシャンプーの洗浄成分は、すべて界面活性剤ですが、その中にも硫酸系やアミノ酸系、ベタイン系、グルコシド系など、いろいろと種類があるんですね。

次に補修成分とは、髪の毛のダメージをケアしてくれる成分のことで、こちらにもコラーゲンやケラチン、ペリセア、リピジュアなどたくさん種類があります。

 

つまり、シリコンが入っているかどうかよりも、洗浄力が強すぎて髪に悪い洗浄成分を使っていないか、きちんと髪のダメージケアをしてくれる補修成分が入っているかどうかということに注目して、シャンプーは選んだ方がいいということになりますよね。

シリコンは髪に悪いものではない

先ほども言ったように、シリコンは決して髪に悪い成分ではありません。

 

だいたいシリコンってなにかというと、ケイ素に科学的な処置を加えた合成樹脂なんだそうです。

そういわれてもなかなかピンときませんが、とにかく、食品の加工や医薬品にも使われているほど安全性が高いものなんです。

シャンプーやトリートメントに入っているのは、髪の摩擦を軽減させて指通りを滑らかにしたり、ダメージを減らすためなんですね。

 

しかし、ノンシリコンシャンプー  = いいシャンプー という図式がなぜか刷り込まれている人が多く、それによって、じゃあシリコンは入ってない方がいい ⇒ シリコンは髪に悪い と、思い込んでいる人が多いんです。

でも、シリコンが入っていないシャンプーがいいとされているのは、本当はそういうことではありません。

 

”洗浄力が強すぎて髪にはよくないんだけど安価な洗浄成分”  を使えば、販売価格が抑えられますよね。

でも、それじゃあギシギシしすぎて売れないから、多くのシャンプーには指通りの良くなるシリコンを入れざるを得ないんです。

 

つまり、もともと髪に優しい洗浄成分や補修成分を配合しているシャンプーにはシリコンは必要がないんです。

だから髪に良くない洗浄成分を使っているけど、シリコンを入れていないノンシリコンシャンプーだってあるんですよ。

ノンシリコンという言葉だけに騙されないで、本当にシリコンを入れる必要のない洗浄成分を使っているシャンプーかどうかをしっかり見極めてくださいね。

ノンシリコンと無添加は関係ない

やはり、これも多くの人の、”ノンシリコンはいいシャンプー説” に基づいて勘違いされていることなんですが、ノンシリコンシャンプーは、余計なものを入れていない無添加でオーガニックなシャンプーだと思っていませんか?

 

繰り返しになりますが、ノンシリコンシャンプーとは、本当にそのまま、シリコンが入っていないシャンプーのことですよ。

もちろん、中にはそういうノンシリコンシャンプーもあるでしょうが、ノンシリコンという言葉の中に無添加とか天然成分配合という意味合いはないということは、知っておいた方がいいでしょう。

 

ノンシリコンシャンプーって結局はどうなの?その効果とは?

なんだかここまでの説明だけを見ると、ノンシリコンシャンプーに批判的なように思われてしまうかもしれませんが、決してそういうわけではないんです。

むしろ、質のいいノンシリコンシャンプーを使うというのなら、それは是非とも使っていただきたいと思っています。

それは、ノンシリコンシャンプーならではのいい効果があるからです。

 

では、これからその効果について紹介しますが、もちろん質のいいノンシリコンシャンプーを使うという前提できいてくださいね。

髪がサラっと軽くなる

シリコンは、髪に残って指ざわりをよくしてくれます。

そのためツルツルした感じになるのですが、その分しっとりとした重みがあります。

 

ノンシリコンシャンプーにはそれがないので、髪の毛は軽くなりサラサラ感が出てきます。

髪にボリュームが出る

先ほどの説明と関係しますが、ノンシリコンシャンプーはシリコンのコーティングの重みがない分フンワリと軽くなり、ボリュームが出ます。

 

髪が細い人はペタッとなって、つぶれやすいですよね。

そんな人はノンシリコンシャンプーを使うと、ボリュームが出やすいのでおすすめです。

髪が本来の潤いを取り戻す

質のいいノンシリコンシャンプーは髪に優しい洗浄成分を使っています。

さらに、シリコンのコーティングがない分、トリートメントなどの髪に良い成分が髪の内部まで浸透しやすいのです。

そのため髪が本来の潤いを取り戻し健康になります。

 

ただ、それが実感できるまでには少々時間がかかります。

そのため、ノンシリコンシャンプーを使うのなら継続することが大切です。

頭皮環境が改善される

頭皮に皮脂が多すぎると湿疹が出来たり髪がべたつく原因にもなりますが、皮脂は完全になくしてしまうのもダメです。

皮脂が完全になくなってしまうと、頭皮が乾燥して荒れたりフケが出やすくなることもあるんです。

 

ノンシリコンシャンプーは洗浄成分が強すぎないので、汚れや不要な皮脂は洗い流してくれますが、必要な皮脂は残ります。

それにより、さきほど言ったような頭皮トラブルは回避できますね。

 

そうは言っても、やはり乾燥肌の人は、洗顔した後に化粧水などをつけるのと同じように、シャンプーをした後に頭皮の保湿もする方がいいと思います。

頭皮のケア用ローションなんかもありますので、乾燥が気になる人は使ってみてください。

カラーやパーマの持ちがよくなる

ノンシリコンシャンプーはシリコンのコーティングがないので、カラーリングやパーマをかけた時に薬剤がよく浸透します。

そのため効果が出やすいし、その後の持ちもよくなるんですね。

 

シリコンが髪についてないことで髪が軽くなると言いましたが、そのことも関係あるようです。

やっぱり、髪に重みがあるとカールもだれてしましますよね。

その点、軽い髪だとカールもよく持つんですね。

 

なんでノンシリコンシャンプーを使うと髪がきしむの?

確かに、ノンシリコンシャンプーに変えた時に一番初めに違いを実感するのは、髪のきしみかもしれませんね。

ギシギシとしてしまうのにはこんな理由があるのです。

洗浄成分がよくない

これまでにも説明してきたように、シリコンを入れなくてもいいような、質のいい洗浄成分が入っているものがノンシリコンシャンプーであるべきなんです、本当は・・。

でも、洗浄成分がそんなに質のいいものでもないのにノンシリコン、というものも実際に販売されているんです。

それはきしみますよね・・。

 

昨今のノンシリコンシャンプーブームで、ノンシリコンという名前がついていればいいものだと勘違いしている人が多いですが、実はそうでもないので、成分をきちんと確認してから購入してくださいね。

そうでないと、髪が健康になるどころか、ただごわつくだけですよ。

ちゃんと髪を保湿してない

実は、髪も洗った後は保湿が必要なんです。

せっかくいいシャンプーを使っても、洗いっぱなしにすると髪が乾燥してしまうんですよ。

髪の保湿には、洗い流さないトリートメントやヘアオイルなどで髪の水分を閉じ込めてしまいましょう。

髪が傷みすぎている

質のいいノンシリコンシャンプーを使っても、あなたの髪がすでにダメージヘアで傷みすぎている場合、パサパサしてしまいます。

それまで、シリコン入りのシャンプーを使っていたのなら、シリコンのコーティングのおかげで気が付かなかったのかもしれませんね。

そんな状態でノンシリコンシャンプーを使うというのはおすすめ出来ません。

 

ノンシリコンシャンプーを使う時に注意することってあるの?

ノンシリコンシャンプーを使う時にはいくつか注意すべきことがあります。

素材を確認してから

これは初めからしつこいくらいに言っているのでわかると思います。

本当にシリコンなしでも大丈夫なほど、髪に優しい成分が入ったシャンプーかどうか見極めて購入しないと髪の健康を損なう恐れがありますよ。

髪が傷んでいる人は使わない

ノンシリコンシャンプーを使うということは、これまでシリコンの膜でダメージから守られていた髪が、裸の状態になるということです。

もともとダメージが強い髪だと、髪同士の摩擦によってキューティクルが剥がれてしまうかもしれません。

切れ毛や枝毛が多いなど傷みが気になっている人は、まずは先にヘアケアをして髪の健康を取り戻してから、ノンシリコンシャンプーを使いましょう。

 

また、髪が痛んでいる理由がヘアアイロンの使い過ぎという人もいるかもしれませんね。

ヘアアイロンを頻繁に使う人も、実はノンシリコンシャンプーは使わない方がいいです。

コーティングをしていない髪に、ヘアアイロンの熱をしょっちゅう当てていては髪はやけどしてしまいます。

 

ノンシリコンシャンプーは、誰にでも合うというわけではないんですね。

シャンプーの前には予洗いを!

ノンシリコンシャンプーは、シリコン入りのシャンプーと比べると泡立ちが悪いことが多いです。

特に、皮脂や整髪料なんかで汚れている時は泡立ちにくいです。

優しい洗浄力のノンシリコンシャンプーを使う時には、髪を濡らす前にブラッシングをして、シャンプーの前にお湯だけで予洗いをしましょう。

そうすることで80%くらいの汚れは落ち、また泡立ちの悪さも少しは解消されますよ。

 

これは、ノンシリコンでもシリコン入りでも同じなんですが、もう一度正しいシャンプーの仕方を確認しましょう。

正しいシャンプーの仕方
  1. 髪が乾いた状態でていねいにブラッシングをしておく (これでだいたいの汚れは落ちます)
  2. 頭皮までお湯を行き渡らせて、予洗いする (ぬるま湯でていねいに洗うことでさらに汚れが落ちます)
  3. シャンプーを泡立ててから髪につけて、頭皮を指の腹でマッサージをするように優しく洗う
  4. シャンプー剤が残らないようにしっかりとすすぐ

注意しないといけないのは、絶対に頭皮に爪を立てないということと、熱いお湯を使わないことです。

爪でゴシゴシと洗ってしまっては頭皮を傷つけてしまいます。

そして、熱いお湯を使うのは頭皮の乾燥のもとです。

せっかく優しい洗浄成分で、必要な皮脂を残してくれるノンシリコンシャンプーを使っているのに、熱いお湯で皮脂を溶かしてしまってはもったいないですよね。

トリートメントもノンシリコンに

シャンプーはノンシリコンを使っているのにトリートメントはシリコン入りを使っていませんか?

せっかくノンシリコンシャンプーを使っているのなら、トリートメントも同じラインで揃えた方がいいですね。

スタイリング時には流さないトリートメントを

シャンプーもトリートメントもノンシリコンのものを使っていると、髪にはコーティングがない状態ですよね。

このままでブローしたりヘアアイロンを使うと髪は大変なことになってしまいます。

熱に弱い状態になっている髪に熱を加える時には、流さないタイプのトリートメントを使うといいですよ。

 

まとめ

ノンシリコンシャンプーと聞いて、無条件にいいものだと信じ込むのは危険です。

しかし、髪に関するプロである美容師さんも勧めるノンシリコンシャンプーは、正しく選べば髪の健康を取り戻したり、頭皮環境を改善出来たりと、いいことがたくさんあるんですね。

使うのに向いていない人もいますが、そうでないなら、一度試してみるのもいいかもしれませんよ。

 

*オーガニックシャンプーのNo.1を大決定!

ランキング
【人気】オーガニックシャンプーおすすめランキング20選!

最近は髪への美容意識が高まり、オーガニックシャンプを選ぶ方が増えましたね。 少々お高いものでも、良いシャンプーはよく売れ ...

続きを見る

-シャンプー選びについて

Copyright© 【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.