アスロングが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー!

髪のトラブル改善法

髪にツヤがない人の艶出しテクニックを紹介!ちょっとしたコツでツヤは戻るよ!

更新日:

髪の毛のツヤがなくて困っている人はいませんか?

年齢を問わずに、ツヤがないと悩んでいる人は意外と多いようです。

実際に、髪の毛のツヤは、見た目の印象を左右する大事な役割があります。

 

ツヤを出すために大事なことは、髪に十分な栄養が行き届いていて、髪が乾燥していないことです。

髪のダメージは、髪の表面にあるキューティクルと呼ばれるものがはがれることが原因になって起こります。

キューティクルがはがれてしまう原因とは、加齢によるものや、普段のお手入れで使っているドライヤーやシャンプーなどが挙げられます。

 

そのため、キューティクルをきちんとした状態にすることがツヤを出す鍵となるのです。

そこで、ここではキューティクルがはがれてしまう原因となるものをどのように回避していくかと、その対処法を詳しくご紹介していきましょう。

普段のシャンプーはもちろん、その他のお手入れで髪の毛のツヤを取り戻しましょう。

 

艶が失われてしまう原因とは

ツヤがある髪の毛は、その人の印象まで変えてくれます。

そのため、ツヤツヤした髪は、誰にとっても大切なことだと言えるのではないでしょうか。

そこで、まずは、髪の毛のツヤが失われてしまう原因となるものを確認していきましょう。

乾燥によるもの

実は、髪の毛も肌と同じ様に、乾燥に関してとても敏感だということをご存知ですか?

髪の毛が乾燥してしまうと、髪表面のキューティクルがはがれてしまうことにより、髪の毛の内部の潤いを守ることができなくなってしまうのです。

 

そして、髪に潤いがなくなることにより、ツヤがなくなってしまうのです。

さらには、ツヤがなくなるだけではなく、表面にダメージを与えることによって枝毛なども引き起こしてしまうのです。

加齢によるもの

髪の毛のツヤは、加齢が進むと失われてしまうものです。

この原因は、加齢とともに新陳代謝が悪くなることで、体内のコラーゲンが減少して起こります。

このように、年齢とともに、髪に栄養が行き渡らなくなることによって、髪の毛のツヤも失われてしまいます。

くせ毛によるもの

くせ毛で悩んでいる方は、意外と多くいるかもしれませんが、実はツヤが出にくい特徴があります。

無理にストレートにするために、アイロンを使って伸ばしても、余計に髪を痛めてしまい、ツヤが出にくくなってしまいます。

ツヤを出したい方は、シャンプーやトリートメントなど、日頃のお手入れから見直してみましょう。

 

ツヤを出す方法とは

ツヤを出すことで最も大事なことは、日頃のお手入れです。

日頃のお手入れをする時に注意したいことは、髪にダメージを与えないようにすることです。

日々のダメージを与えない!

実は、髪の毛が一度痛んでしまうと治すことはできません。

高いトリートメントを使っても、傷んだ部分が戻ることはないのです。

 

そのため、ツヤを手に入れたいとお考えの方は、どのようにダメージを与えずに、髪を痛みから防ぐようにするかが大事になるのです。

ダメージから髪を守るためには、パーマをかけている人は、その回数を見直したり、日頃使っているシャンプーやトリートメントなどのヘアケアを見直すなどが効果的です。

特に、毎日使っているシャンプーやトリートメントは、髪に刺激が少ないオーガニックのものを使うなど、普段使っているものから見直してみましょう。

ドライヤーを使ったツヤの出し方

毎日ドライヤーを使っている人は多くいると思いますが、間違った使い方をしてしまうと、ツヤが出ないだけではなく、髪の毛を痛めてしまう可能性もあります。

そのため、ここでしっかりとドライヤーの使い方をみていきましょう。

 

まずは、ドライヤーを使う前に、キューティクルの向きに従いながら、髪の毛を整えましょう。

次にドライヤーを根本に当てながら乾かしていき、根本が乾いたら全体を乾かします。

だいたい全体の8割くらい乾いたら、上から下へ向かってキューティクルに沿ってドライヤーを当てます。

上から下へ風を当てることによって、キューティクルを整えることができるので、ツヤを出すことができます。

 

一方、下から上に風を当ててしまうと、キューティクルがバラバラに乱れてしまうのでご注意下さい。

ドライヤーをかけると、髪がパサパサになるという人は、ぜひドライヤーを上から下へ当てることを心がけながら、使ってみてください。

 

さらにこの時、風の強さと温度にも気をつける必要があります。

髪を乾かす時は、髪の傷み具合に合わせて、熱風と温風を使い分けることをお勧めします。

また、ドライヤーを選ぶ時は、ナノケアができるものや、マイナスイオン機能が付いたものもおすすめです。

癖がある場合はヘアアイロンで整える

くせ毛の人は、ツヤを出しにくいと、お悩みの方も多くいるのではないでしょうか。

そこで、くせ毛の人は、ヘアアイロンを使ってまっすぐにすることによって、乱反射によるツヤを出すことができます。

しかし、この時ヘアアイロンの熱によって、髪にダメージを与えてしまうので、頻繁に使うことは注意が必要です。

そして、使う前は、髪の毛を保護するトリートメントなどを使うことをお勧めします。

 

トリートメントでツヤを出す方法とは

髪のツヤを守るためには、髪をダメージから保護できる、トリートメントを使うと効果的です。

ダメージを受けてしまった髪は治らないので、ダメージを受けないようにしっかりと保護しましょう。

しかし、トリートメントといっても色々な種類がありますので、ここではその種類別の使い方をご紹介します。

シャンプー後に使う

最も一般的に使われているトリートメントです。

シャンプーをした後に、潤いをしっかりとキープできます。

この時、シャンプーでしっかりと汚れを落としておくことにより、髪に浸透しやすくなるので、トリートメント前のシャンプーはとても大事ということが言えます。

ドライヤー前に使う

ドライヤーが原因で、乾燥を起こしてしまうのを防ぐことができるのが、ドライヤーの前につけるタイプです。

こちらは、洗い流さないタイプのもので、クリームやオイルなどがあります。

オイルは、ベタベタして苦手という人や、クリームはしっとりしすぎるなど、いろいろな好みがあると思いますので、目的や効果に合わせて選ぶといいでしょう。

 トリートメントを使う注意点

トリートメントは、髪の毛につけますが、特に毛先に念入りにつけることをお勧めします。

また、この時、地肌にはつけないように気をつけてください。

地肌につけてしまうと、毛穴が詰まってしまうのでよくありません。

トリートメントは、あくまで髪の毛に作用するものなので、気をつけましょう。

 

ブラッシングでツヤを出す方法とは

ツヤを出すためには、日頃のお手入れが大切だとお話ししましたが、日頃から行っているブラッシングもとても大事だと言えます。

いつもは、朝しかとかさないという人は、ぜひここでご紹介するグラッシング方法を参考にしてみてください。

どのようなタイミングでやるの?

ブラッシングは、髪の毛を整えるだけではなく、髪の毛の汚れを落とす効果もあります。

そのため、朝、夜の最低2回、今よりもより丁寧にブラッシングをしてみてください。

そうすることによって、今までよりも、より髪の毛を綺麗に保つことができます。

どのようなものをブラッシングで使うといいの?

プラスチックのくしを使うと、静電気が起こりやすくなります。

そのため、出来るだけ、天然素材のものを使うことをおススメします。

それは、静電気が起こると、髪にダメージを与える原因にもつながってしまうためです。

 

さらに、コームなどを使うことも効果的ではありません。

ブラッシングには、ブラッシング専用の毛先が柔らかく、頭皮を傷つけないものを選びましょう。

どのようにブラッシングをするのがいいの?

ブラッシングは、髪の根元から、毛先に向かってゆっくり静かにとかしていきます。

いきなり根元からスタートすると、絡まっている髪を無理矢理とかすことになってしまいます。

まずは、毛先を整えてから、次に根元から毛先に向かってブラッシングをしていきましょう。

 

また、この時必ず乾いた髪をブラッシングするようにします。

濡れた髪は、キューティクルを壊しやすいので、特に注意が必要です。

お風呂あがりにブラッシングをするときは、ドライヤーでしっかりと乾かした後にブラッシングをするようにしてください。

 

さらに、頭皮に傷があるときは、ブラッシングをひかえるようにしましょう。

無理にブラッシングをしてしまうと、頭皮を傷つけてしまいます。

頭皮が整っていないと、髪の毛のうねりなどの原因になり、ツヤのない髪になってしまいます。

その他のツヤを出す方法とは

「美容院へ行った帰りは、髪がイキイキと蘇った。」という経験をされている方も多いのではないでしょうか。

髪をツヤツヤに蘇らせるには、そのコツがあります。

そこで、ここでは、上記でご紹介した他の方法で、ツヤを取り戻す方法をご紹介します。

シャンプーを使ったツヤの出し方

まず、シャンプー選びですが、シャンプーはできるだけオーガニックのものを選びましょう。

オーガニックシャンプーは、頭皮を整えることができる他、より髪を優しく洗うことが出来ます。

もともとシャンプーの目的は、頭皮を清潔に保つことです。

頭皮をきちんと整えることによって、うねりがなくなり、ツヤのある髪が蘇ります。

 

まず、シャンプーをする前は、お湯で汚れを落とす予洗いから始めましょう。
これをすることによって、シャンプーの泡立ちをよくします。

その後、シャンプーを直接髪につけるのではなく、あわ立てたシャンプーを髪につけて、優しく頭皮をマッサージするように洗っていきます。

この時、髪の毛をこすりつけるのではなく、頭皮をマッサージする感覚で、洗っていきます。

頭皮を洗うときは、頭皮に爪を立てずに、マッサージをすることが大事です。

爪を立てて強く洗ってしまうと、頭皮を傷つけてしまいます。

 

また、髪の毛は、こすって洗ってしまうと、ダメージの原因になりますのでお気をつけてください。

この流れで、優しく髪の毛を洗うことによって、ツヤを出すことができます。

アウトバストリートメントを使ったツヤの出し方

シャンプーの後にトリートメントをつけて洗い流すタイプをインバストリートメントと呼びます。

一方、お風呂ではなく、日頃のお手入れをする時につけるクリームやオイルなどの洗い流さないタイプのものは、アウトハズトリートメントと呼ばれています。

このタイプのものをうまく使い分けることで、より効果的にツヤを出すことができます。

 

洗い流すタイプのものは、髪を潤いから守る働きがありますが、洗い流さないタイプのものは、髪をドライヤーから守ったりすることで、よりツヤを蘇らせる効果があります。

どちらも効果に合わせて使うようにしましょう。

ヘアカラーを使ったツヤの出し方

頻繁にヘアカラーをすることは、髪のダメージにつながってしまいますが、適度なカラーリングは、髪の毛をツヤツヤに演出してくれる効果があります。

それは、カラーを深い色にすることによって、髪が落ち着いた印象になります。

逆に、明るい色にすると、髪のダメージが目立ってしまうのです。

 

ここで注意しなければならないのが、カラーリングをする頻度です。

カラーリングは、髪の毛の色をブリーチを使って抜き、そこに色を入れるので、その度に髪がダメージを受けることになるのです。

そのため、回数が多いければ多いほど、髪へのダメージが大きくなるので、適度なカラーリングをすることをお勧めします。

艶出しスプレーを使ったツヤの出し方

髪の毛のツヤを手軽に手に入れたいという人は、ツヤ出しスプレー使うと、とても簡単にツヤを出すことができます。

スプレーを使うことによって、髪に潤いを与えてくれるだけではなく、紫外線や静電気などのダメージから守ってくれる効果もあります。

スプレーをするだけでツヤを取り戻すことができるので、急ぎの時や、特別な外出の時などはとてもお勧めです。

しかし、これはあくまでその場だけツヤを出すものなので、髪の毛をしっかりと中から綺麗にするためには日頃のケアが大事となります。

 

まとめ

ここでは、最近ツヤが無くて困っている人に、どのようにしたらツヤが蘇るかをご説明させていただきました。

様々な方法がある中で、あなたはどの方法でツヤを出したいと感じましたか?

 

髪の毛のツヤを取り戻すためには、シャンプーやトリートメントなど、日頃のケアがとても大事になります。

ぜひここでご紹介したように、今使っているシャンプーやトリートメントを、頭皮をしっかりと整えて優しく洗ってくれるオーガニックのものを選ぶなど、まずはできるところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

*オーガニックシャンプーのNo.1を大決定!

ランキング
【人気】オーガニックシャンプーおすすめランキング20選!

最近は髪への美容意識が高まり、オーガニックシャンプを選ぶ方が増えましたね。 少々お高いものでも、良いシャンプーはよく売れ ...

続きを見る



アスロングを早速試してみる!



★最安値公式サイトはコチラ!★

公式サイトはコチラ!



-髪のトラブル改善法

Copyright© 【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.