アスロングが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー!

髪のトラブル改善法

【女性編】抜け毛が急にひどい時の原因と対策!病院に行ったほうがいい抜け毛もある!

更新日:



急に抜け毛が増えると焦りますよね!

やたら頭がかゆくて、お風呂に入ると引くくらい抜け毛が多い時ってありますよね。

で、心なしか髪が薄くなった気がして…。

 

今までなかった抜け毛が急に気になるときには必ず原因があります

女性の抜け毛が促進する時の様々な原因を見て、対策を考えていきましょう!

 

女性に急に抜け毛が起こる時の様々な原因

結構たくさん原因があります。

中には習慣の積み重ねで、ある日急に抜け毛が増えることもあります。

自分の原因はどれなのか、自分と照らし合わせてみてくださいね。

抜け毛は遺伝の可能性あり!

髪の毛は母親の家系の影響を色濃く受ける部分です。

母方のおじいさんやおばあさんは薄毛ではありませんでしたか?

もしそうだとすると、ホルモン量が変化する年齢に差し掛かると髪の量が変化してくるかもしれません。

 

遺伝するのは、髪の毛の量そのものではなく、ホルモンの分泌量が遺伝します。

髪の毛に関わるホルモンには、男性ホルモン、女性ホルモン、そして成長ホルモンがありますが、抜け毛が増えるということは男性ホルモンの量が多いか、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌量が減るかのどちらかです。

 

ホルモン分泌量を劇的に改善する方法はありませんが、できるだけ整えていく方法はあります。

ちょっとした生活改善で遺伝の出方を少なくすることは可能です。

加齢も見逃せない原因!

年をとると髪の毛はどうしても減ってきます。

女性ホルモンが髪の健康を支えているのですが、更年期以降はその女性ホルモンが減ってくるので髪が細く弱ってきます。

お年寄りの髪を見ると、若い頃のサラサラロングヘアを維持している人なんていませんよね。

みんな髪が細く薄くなっていきますが、あれはどうしても免れない運命です。

 

若い人でも、更年期のようにホルモンのバランスが崩れると髪が抜けてしまうことがあります。

兆候としては、まず髪が細くコシがなくなるところから始まり、徐々に抜けて薄くなってきます。

女性は男性のようにツルツルに禿げてしまうことはないので、大急ぎでなにかしないといけないことはないですが、髪が細くなってきたら頭髪が弱くなってきたと自覚して対策をしていかないといけません。

 

幸い女性は、ホルモンのバランスが崩れると言っても女性ホルモンが完全にゼロになることはありませんので、ホルモンを整えるような対策を取ると髪が戻ってくる可能性は大いにあります。

カラーリングをしすぎてない?

白髪染め含め、カラーリングを日常的にやってる人多いですよね!

自宅でもできるし、気軽にやってる人は多いと思います。

 

が、やっぱりカラーリングの溶剤は髪や頭皮にとってとてもキツイ薬剤なんですね。

今はトリートメント剤などが配合されたカラーリング剤もたくさんあるので、髪自体にはそれほどダメージはないのですが、頭皮についてしまった薬剤はかなり厳しい悪影響を及ぼします。

 

頭皮はとても薄くデリケートな皮膚なので、薬剤が付いたことによる刺激で簡単に荒れてしまいます。

頭皮が荒れると、髪の元になる毛母細胞などを弱らせてしまいます。

髪の元が弱ると、そこから生えてくる髪の毛は当然細く弱く、抜けやすい髪になります。

 

とは言っても、白髪染めなどはしないとしょうがないのですが、慣れてるからと適当にしないで、頭皮につかないように慎重に丁寧につけるようにしましょう。

染めた後の洗髪も丁寧に丁寧に洗い流して、絶対に残ることのないようにしましょうね。

 

美容院でやってもらうのが一番ですけどね。

それも面倒くさいなら、色が浸透していくヘナ系などで色を入れて長持ちさせながら、染める回数を減らしていくように心がけてみてください。

頭皮になにかトラブル出てない?

頭皮にかゆみやフケなど、なにかトラブルは出ていませんか?

なにか異変がある時は、頭皮が傷んでいると思って間違いありません。

 

頭皮は髪を育てる「土」のような役割を持ちます。

その土に栄養がなく荒れていると、元気で良い髪の毛が育つはずもありません。

 

髪の毛は毎日洗っていますか?

できれば毎日洗って皮脂汚れを適度に落としておかないと、毛穴に詰まって炎症を起こしかゆみやフケの原因になります。

もちろん頭皮環境が悪いので、元気で抜けにくい髪は育ちません。

 

かと言って、洗い過ぎも良くありません。

皮脂を落としすぎると頭皮が乾燥してきます。

乾燥もかゆみやフケの原因になり、髪の毛にはよくありません。

 

刺激が強くないシャンプーで、皮脂を落としすぎない適度な洗髪を心がけましょう。

女性ホルモンのバランスの崩れは抜け毛に直結する!

先程もちらっとお話しましたが、女性ホルモンには髪の健康を守る働きがあります。

男性ホルモンは髪を弱らせ抜けさせてしまう働きがあるのに対し、女性ホルモンは髪を太く強くぐんぐん育毛させる力があります。

だから女性は髪が薄くなることはあっても、つるっぱげになる人は少ないんですね。

 

女性ホルモンは髪の毛の他にも肌ツヤに影響したり、美容系に大いに関係しますので、できればこの女性ホルモン(エストロゲン)は減らないようにしたいのですが、これが結構簡単に分泌が減ってしまうんですね。

女性ホルモンの分泌が減る理由に「ストレス」があります。

ストレスは女性ホルモンの大敵なんですね。

 

できれば女性はストレスを感じないように暮らしていただきたいのですが、女性として生きるだけでもストレスは多大ですよね。

ストレスを被るのは仕方ないなら、せめて自分なりの解消法を身につけるべきです。

無防備に髪を紫外線に晒してない?

秋から冬に向かう季節って抜け毛が増えませんか?

これは夏の間に受けた紫外線のダメージが表面化して一斉に抜けてしまうからなんです。

 

紫外線は肌の奥に届くのは女性なら知っていますよね?

その防御のために顔や手にUVクリームを塗りますよね?

頭にはなにかしてますか?

 

ジリジリと焼け付くように痛い直射日光は頭皮にも影響があります。

人の体のてっぺんなので、どの部位よりも影響があると言っても過言ではありません。

顔や腕と同じく、肌の奥に紫外線が届いて毛母細胞などの細胞を変質させてしまいます。

そして髪が次第に弱くなり、秋から冬に向けて一斉に抜けてしまうという現象が起こります。

 

1年中紫外線は降り注ぎますので季節に関係なくやってほしいのですが、外出時には髪の毛専用のUVスプレーや帽子をかぶる習慣をつけましょう。

ジャンクフードばっか食べてない?

髪の毛も人体の一部でタンパク質からできています。

毎日食べるものの影響から逃れることはできません。

髪の元になる毛母細胞は血液から栄養分を吸収して健全な活動を維持しています。

 

髪を健康に保つための栄養素は「タンパク質、ビタミンB6、亜鉛」などと言われていますが、要するに肉や魚、野菜、海のものなどをバランスよく食べなさいと言うことです。

調理が必要な食材をバランスよく自炊して食べなさいということです。

ジャンクフードばっか食べて栄養状態を悪くしていると、末端である髪の毛はすぐに影響を受けます。

 

仕事が忙しいのもわかります。

炊事も思うようにできない、経済的な理由で充分なタンパク質がとれないなどの事情もあるでしょう。

しかし、栄養不足のまま髪の毛をどうにかしたいなんて道理は通りません。

それでも、なんとかしてできる限り調達するのです。

 

サプリメントやプロテインなども大いに活用したらいいじゃないですか。

今日からコンビニ弁当やお菓子ご飯をやめて、きちんと自炊をしていきましょう。

寝不足が続いてませんか?

眠っている間って、身体にすごいことが起こっているのを知っていますか?

眠りについてしばらくたった頃、成長ホルモンが分泌されて、肌や髪の修復や骨の形成、血管のクリーン化、内臓の傷んでいるところの修復など、身体の傷んでいる箇所の修復を行ってくれています。

 

その成長ホルモンが活発になる時間帯は22時~2時頃と言われています。

これは標準的な生活をしている人の体内時計での話になりますので、夜勤をしている人などは自分の体にあった時間になっているでしょうが、日照時間に合わせて出来ている人の体のサイクルを考えると、成長ホルモンがよく出る時間帯はある程度決まっているのでしょうね。

 

髪のダメージが止まらず抜けるところまで進行するのは、成長ホルモンの修復がまったく追いついていないということです。

夜更かしして成長ホルモンの出方を弱くしていませんか?

毎日決まった時間に寝て、休息の不足や成長ホルモンの不足を作らないように心がけましょう。

ストレス…溜まってるでしょ?

現代に生きていたらストレスの溜まっていない人なんて存在しませんよね。

でもこのストレスは髪に非常に良くないものなんです。

薄毛、抜け毛を進行させてしまう要因として真っ先に上がってくる原因です。

 

ストレスは要するに、自律神経の交感神経が亢進した状態のことです。

交感神経が優位になる時が多すぎると、髪だけでなく体中に問題が起こります。

各所に栄養を届ける役目がありすべての源であるとも言える血管が収縮して、血の巡りを悪くして各所に栄養が行き届かなくなります。

 

髪も栄養から切り離して考えられないと先ほどお話しましたが、ストレスが溜まると、仮に栄養をしっかり摂っていても毛細血管の先まで流れにくくなるので髪は弱ってきます。

 

また、ストレスはホルモンバランスを簡単に崩してしまいます。

血流とホルモンに悪影響があるのでストレスは怖いんですね。

 

対策としては、亢進している交感神経を鎮めてやることです。

これは意外と簡単で、副交感神経を起こしてやれば交感神経はおのずと鎮まっていきます。

 

副交感神経を起こすには、ぬるめのお湯にゆっくり浸かったり、静かな音楽を聞いたり、自分がホッとする時間を増やすのがコツです。

最近無茶なダイエットをしませんでしたか?

女性は痩せるためなら健康をも省みない無茶なダイエットをする傾向があります。

女性の髪のトラブルの原因で必ず候補に上がるのが「無茶なダイエット」です。

 

糖質制限が流行れば、徹底的に糖質をカットして体調に異常をきたすとか、リンゴダイエットなど単食ダイエットが流行るとみんなアリがたかるようにやりますね。

スーパーからその食材が消失するほどの執心を見せますよね。

 

そういう極端なダイエットをしてはいけないんです。

まずは極端な栄養不足になりますね。

栄養不足は髪に良くないのは先程もお話しました。

栄養不足は身体にとってストレス以外の何物でもないので、血流もホルモンバランスも悪くなります。

 

髪にとって良いことは一つもありません。

ダイエットは基礎代謝+活動分の最低限のカロリーを維持しながら食べて、運動で消費して痩せるんです。

それ以外に、髪や肌を守りながらきれいに痩せる方法はありません。

同じ髪型ばかりしてない?

分け目もずっと同じ、いつもひっつめでまとめた髪型をしているなど、同じ髪型を連日繰り返すと、牽引性脱毛症という抜け毛が起こることがあります。

特に髪の長い人は、髪の重みで分け目が抜けてきますので意識的に変えたほうがいいです。

ひっつめも生え際がヤバイので、毎日やらないようにしましょう。

もしかして産後じゃないですか?

産後は髪がごっそり抜けますよ。

分娩後脱毛症という名前がついています。

 

妊娠した瞬間から、女性の体内では女性ホルモンの分泌が大変活発になります。

これは赤ちゃんを流産させないための体の仕組みですが、産後は出すぎていた女性ホルモンが通常に戻ります。

妊娠中は女性ホルモンの恩恵で髪は豊かで健康だったのですが、通常に戻った途端、夢から覚めたように一斉に抜け始めます。

抜けるというより、妊娠前の髪の量に戻ると言ったほうがいいですね。

 

対策はありません。

体の仕組みなのでどうしようもありません。

どうしようもないし、そのうち戻ると思って気に病まないことが一番の対策ですね。

 

抜け毛には病気の可能性が潜んでいるものもあります

抜け毛は生活習慣の乱れだけが原因ではない場合があります。

以下のような症状に覚えはありませんか?

もし当てはまるなら、一度病院で診てもらうことをおすすめします。

フケがやたら気になるなら脂漏性皮膚炎の可能性あり!

油ものが好きでよく食べていたり、頭を1日に2度も洗ったり、安く洗浄力の強いシャンプーをずっと使っていたりすると頭皮の皮脂が多量になる場合があります。

油を食べすぎても多くなるし、落としすぎても足りない皮脂をカバーしようと過剰に分泌される仕組みになっています。

 

皮脂が増えすぎると、頭皮に常在しているマラセチア菌という真菌の一種が大増殖して、毛穴の中に詰まったりphを変えたりして頭皮に炎症を起こすことがあります。

これが脂漏性皮膚炎と呼ばれる皮膚病の一種です。

頭皮の状態が非常に悪くなっていますので、髪も当然影響を受けて弱ってきます。

 

毎日洗ってるはずなのに頭がやたらベタベタする、かゆみがひどい、フケが出るなどの症状があれば皮膚科に行かれたほうがいいでしょう。

抗真菌剤を用いる本格的な治療となりますので、自分で治そうと思わず、素直に病院に行かれたほうが完治も早いです。

一部分だけツルツルを見つけたら円形脱毛症かも!

かゆみもフケも特に気にならないのに、なぜかやたら抜け毛が気になる時は、どこかに10円ハゲがないか探してみてください。

最近特にストレスがひどかった人は円形脱毛症に注意です。

 

円形脱毛症は痛みも違和感も何もなく、気が付いたらごっそり抜けてそこだけツルツルになっていることに気付いてはじめて認識する場合がほとんどです。

放っておけばそのうち生えてくるものがほとんどですが、何回も繰り返す場合は一度病院で診てもらったほうがいいでしょう。

 

というのも、円形脱毛症は以前はストレスが原因と言われていて、実際ストレスを被った時に発症しやすいものなんですが、研究が進んだ現在は自己免疫疾患の症状のひとつという見方が濃厚になってきています。

 

「そういえば…何回も10円ハゲ見つけたことがあるわ…」という方は、一度病院でそのことを申告して検査を受けたほうが良いでしょう。

抜け毛+ダルさを感じたら甲状腺疾患の可能性も!

甲状腺から出るホルモンは、実は髪に大いに関係しています。

甲状腺ホルモンの出方が低下すると、まるで老化したような症状が出てきます。

髪は抜けて薄毛傾向になり、肌がかさつき、食べないのに体重増加、認知力低下、倦怠感など老人のような症状が現れます。

病院に行くと橋本病と診断されることが多いです。

 

甲状腺ホルモンが活発になりすぎると、逆に若返った印象にはなるのですが、新陳代謝が活発すぎて髪が成長して伸びきる前に抜けてしまうといった症状が起こります。

いつも興奮しているような状態で、のぼせや発汗なども見られます。

病院ではバセドウ病と診断を受けるでしょう。

 

甲状腺の異常は男女ともに起こりますが、女性に起こる率のほうが圧倒的に多い病気です。

ひどい抜け毛と、甲状腺異常の症状に心当たりがあるなら、早めに病院に行かれることをおすすめします。

 

まとめ

抜け毛は頭皮の問題がもとで起こることが多いので、外からなにかケアをして止めることは難しいのですが、もしどうしても何かやりたいと言うことなら、まずはシャンプーを見直してみるのはいかがでしょうか?

 

頭皮にトラブルが出るのは、病気以外はシャンプーが合っていないことがまず第一に考えられます。

毎日頭皮につけるものですから、できるだけ優しい成分のものを使うに越したことはないのです。

オーガニックシャンプーで頭皮ケアができるものを選ぶと改善も早くなるかもしれません。

 

しかし、シャンプーなど外的要因も大事ですが、肝心なのは血行とホルモンバランスです。

内からしっかり改善していくことを考えましょうね!

 

*オーガニックシャンプーのNo.1を大決定!

ランキング
【人気】オーガニックシャンプーおすすめランキング20選!

最近は髪への美容意識が高まり、オーガニックシャンプを選ぶ方が増えましたね。 少々お高いものでも、良いシャンプーはよく売れ ...

続きを見る



アスロングを早速試してみる!



★最安値公式サイトはコチラ!★

公式サイトはコチラ!









関連オススメ記事

-髪のトラブル改善法

Copyright© 【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.