アスロングが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー!

髪のトラブル改善法

頭のフケをなくす方法!原因と対処法とシャンプーの見直しを!

更新日:

払っても払っても落ちてくるフケ…人の目も気になって憂鬱ですよね。

清潔感がガタ落ちしてしまうので悩みも深刻です。

今回は、そんな困ったフケの解消法をお話します!

中には病院に行かないと治らない原因もありますので、よく読んで対策を練りましょう!

 

急にフケが増えた時は直前にコレをやってないですか?

今までそんなにフケは気にならなかったのに、急に増えるっていうのはやっぱりおかしいんです。

直前に絶対に何かいつもと違うことをしているはず。

以下に覚えはありませんか?

パーマやカラーリングをやりませんでしたか?

パーマやカラーリングの溶剤はとにかく刺激が強いんです。

本来なら人の皮膚についてはいけないもの。

美容師さんに手荒れはつきものですが、やはりキツい溶剤を触る機会が多いから荒れがちになるんです。

 

頭皮は皮膚の中でも特に弱いところです。

敏感な人なら塗った途端にヒリヒリしてくる人もいるはず。

それだけ弱くデリケートなところに、手さえ荒れさせてしまう溶剤が付いたら…ひとたまりもないのは想像できると思います。

 

頭皮がダメージを受けると皮脂が過剰になったり、乾燥してフケが増える傾向にあります。

パーマやカラーリング後、数日してフケが治まってくるならいいのですが、頭や髪のことに無頓着でいるとフケが常態化してしまうことがあります。

パーマやカラーリングをした後は、頭皮は必ず荒れていると思ってケアを念入りにする必要があります。

頭に紫外線を浴びませんでしたか?

イベントや旅行、子供の運動会などで頭に直射日光を浴びませんでしたか?

楽しいイベントですので、つい無防備になってしまいがちです。

 

頭も直射日光を浴びると日焼けしてしまいます。

腕などが日焼けすると皮がめくれてきますが、フケはめくれた皮膚というより、バリア機能が崩れて乾燥してしまうことにより起こります。

 

頭に直射日光はあまり当てないほうがいいですよ。

顔や腕と同じく、紫外線は皮膚の奥深くに届いて細胞を変質させたり弱めたりします。

頭でそれが頻繁になると毛根が弱って髪が細くなり、やがて抜けて薄毛に発展していきます。

 

外に出る時は頭の紫外線対策も忘れずに行いましょう。

帽子をかぶるだけでもいいですし、日傘を使うのも有効です。

今は頭にも使用可能なUVスプレーなどもありますのでしっかり対策して出かけましょう。

 

フケが増えた時の対処法とは?

急にフケが増える理由は主に上記の2つですが、フケが増えてしまった時はどんな対策をしていけばいいのでしょう?

4つの対処法をお話します。

どれが欠けてもフケの治りは遅くなりますので、対策するなら全部をやってくださいね。

頭を洗いすぎない!

フケが出ている時は大抵かゆみも伴いますので「頭が汚れているのかな?」と勘違いしていつもより多く頭を洗う方がいますが絶対にNGです!

 

シャンプーをすると皮脂が取れて確かにスッキリはします。

雑菌も落ちて、一時的にかゆみも少なくなるでしょう。

しかし皮脂は完全になくしてはいけません。

皮脂は多すぎるとトラブルの元ですが、なくしすぎてもトラブルを誘発してしまいます。

 

そもそも皮脂は、私達の肌に菌が侵入するのを防いだり乾燥から守るという役割があります。

これを完全に落としてしまうと、体の仕組みとして「もっと分泌しなきゃ!」となるんです。

そして皮脂がたくさん出すぎて、皮脂を餌にしている常在菌が大繁殖して頭皮のphバランスが崩れ炎症を起こします。

 

頭はなぜかベタついてかゆくて、フケもたくさん出ます。

ベタつくので頭をしっかり洗いたくなるのでガシガシ洗って、また皮脂を完全に落としてしまいます。

こうなると悪循環。

病院に行かないと治らない頭皮の皮膚病に発展していきます。

 

頭を1日に何度も洗ってはいけません。

1日1回が限度です。

そしてガシガシ洗うのもやめましょう。

フケを止めるには、シャンプーを優しいものに変えて丁寧に洗う必要があります。

安いシャンプーを使うのはやめよう!

ドラッグストアで500円くらいで買えるような安いシャンプーを使っているなら、今すぐに変えてください。

安くてどこでも売ってるような有名なシャンプーは、洗浄力がかなり強い高級アルコール系のものがほとんどです。

今使っているシャンプーの裏を見てください。

「ラウリル硫酸」という文字がありませんか?

 

ラウリル硫酸系が入ったシャンプーで頭を洗っていると皮脂を落としすぎます。

優しく洗ったとしても、洗剤の洗浄力だけで皮脂を落としてしまいます。

成分表に「石鹸素地」という文字が入っている石鹸系シャンプーも、フケの出ている頭皮には強すぎます。

 

フケで困っているなら、選択肢はアミノ酸系シャンプーのみです。

アミノ酸系なら洗浄力が穏やかなので皮脂を落としすぎません。

アミノ酸系で、爪を立ててゴシゴシしないように優しく優しく洗っていきましょう。

 

このサイトでおすすめしているアスロングというシャンプーはおすすめですよ。

アミノ酸系オーガニックノンシリコンシャンプーで、頭皮のケアはもちろん、うねりやくせ毛などを整えてくれる効果もあります。

フケが出ているということは頭皮環境があまり良くないということなので、うねりや切れ毛や抜け毛などのお悩みも出ていませんか?

そういった髪の悩みを一掃してくれるシャンプーです。

フケケア用のシャンプーもあるけど?

ドラッグストアに行くと売ってますよね、フケ専用のシャンプー。

確かにフケには効果があるものがあります。

しかし「フケにだけ」効果があるものがほとんどで、髪のことなど後回し…とにかくフケ改善一辺倒です。

 

フケが治まったのはいいけど髪がギシギシになった…なんて話は多いんですよ。

それでいいならお使いになったらいいと思いますが、特に女性はそうもいきませんよね。

大事な髪がフケのために犠牲になるのを許せる女性は少ないと思います。

 

だったら、髪へのいたわり成分が山ほど入って頭皮のケア成分もたくさん入って、もちろんフケのケアにもなるオーガニックシャンプーを最初から使われたらどうですか?

フケは止まるわ、髪はしっとり綺麗になるわで、良いことばかりじゃないですか。

 

フケが止まれば用済みになり洗面台の下に何年も放置されるフケ用シャンプーよりも、トラブル時にも変わらず使えるオーガニックシャンプーを選んだほうがお金を無駄に使わずに済みますしね。

シャンプー後は頭をすぐに乾かそう!

フケが出てかゆみもあるということは、皮膚に常在しているマラセチア菌というカビの一種が繁殖していることを意味しています。

カビってじめっぽいところが好きですよね。

シャンプー後に濡れた髪をそのままにしていると、カビはどんどん増殖していきます。

 

常在菌なのである程度存在するのはいいのですが、増殖しやすい環境をわざわざ作って増やす必要はありません。

マラセチア菌は皮脂に含まれる中性脂肪を違う物質に変えてphを保つ役割もしていますが、増えすぎるとphが崩れてかゆみや荒れが起こりやすくなります。

 

髪を洗ったらお風呂上がりにすぐに乾かしましょう。

ただしドライヤーの当てすぎにも注意です。

あまり乾燥させすぎても頭皮のバランスが崩れ、フケが増える原因になります。

雑菌いっぱいのタオルを使わない!

一度使ったタオルはマラセチア菌や体についている白癬菌などの雑菌がついて、乾くまでの間に繁殖しています。

そんな菌だらけのタオルを、きれいに洗った頭にまた使うのは厳禁です。

バスタオルなどは2度くらい使う人もいますが、フケが出ている状態の人はやめておきましょう。

 

枕カバーも気を付けてください。

頭に必ずいるマラセチア菌が付着しています。

こまめに交換して清潔な寝具に頭を接触させてくださいね。

 

また、タオルや枕カバーなどを洗う時は、余計な香料や添加物が入っていない洗剤で洗いましょう。

皮膚が弱っている人は、普通の人ならどうってことない成分でも影響を受けてしまうことがあります。

 

フケにはパラッとしたのとベタつくものがある

自分のフケがどちらのタイプなのかを見極めましょう。

おのずと対策が見えてきますよ。

はたくとすぐ落ちるパラッとしたフケ

粒子が細かくて、パラパラっとした乾いたフケは乾燥によるフケの可能性が高いです。

こういうフケが出ている時は、数日すると皮脂が戻ってきて落ち着く場合があります。

傾向として、強い洗浄力のシャンプーを使っている、優しい成分でも日に何度も頭を洗う人に多くなります。

ドライヤーを当てすぎるなど、ヘアケア製品の間違った使い方をしている人にも多いフケです。

 

シャンプーを変えたり控えたり、ドライヤーをもっと離して乾かすなどして数日様子を見ましょう。

フケが落ち着いてこなければ皮膚科に行くことをおすすめします。

固まりが大きくベタッとしたフケ

フケの固まりが大きい、なんとなくベタッとしている、髪をかき分けると髪の根元にいっぱい付着しているようなフケは脂漏性皮膚炎を起こしている可能性大です。

強い洗浄力のシャンプーでガシガシ洗っている、頭を洗わない日がある、元々脂性の人に多いフケです。

 

脂漏性皮膚炎かどうかは病院で検査をしてもらわないとわかりませんが、皮膚科の先生は顔を見ただけである程度見分けが付くそうです。

脂漏性皮膚炎になりやすい人は、顔にも皮脂過剰が見られる人が多いとか。

Tゾーンがテカっている、小鼻の横が赤くなっている人は脂漏性皮膚炎である確率が高いそうです。

 

ベタッとしたフケに思い当たる人は近いうちに必ず皮膚科に行きましょう。

放っておいて治るものではありません。

カビの繁殖ですから、それ相当の治療が必要です。

 

困ったトラブル「脂漏性皮膚炎」のお話

では次に、罹ってしまうと少し厄介な脂漏性皮膚炎のお話をしておきます。

ベタッとしたフケに該当した人はとても気になるでしょうから…。

脂漏性皮膚炎とは 脂漏性皮膚炎ってなに?

脂漏性皮膚炎は頭皮にだけなるものではありません。

皮脂の分泌が多いところならどこでもなります。

 

症状は、赤くなる、かゆい、皮膚がめくれる、そしてカサカサになるなどがあります。

フケが多いな~かゆいなと思う時の自分の頭皮を触ってみてください。

べたっと脂がついてきたら脂漏性皮膚炎の可能性は高まります。

 

放っておくと悪化していきます。

早めに治さないと、髪がどんどん弱り薄毛が進行していきます。

さらには、油の酸化したような体臭を発するようになります。

脂漏性皮膚炎の元凶「マラセチア菌」の働き

マラセチア菌のお話は先にも少ししましたが、マラセチア菌は皮脂の中の中性脂肪をエサとして常在しています。

細菌や雑菌の侵入を防いだり、中性脂肪を食べた後の代謝物で肌を弱酸性に保ってくれています。

 

皮脂が正常な分泌の時はそうやって均衡を保っていますが、皮脂が増えてくると中性脂肪も増えるのでエサが豊富になり数をどんどん増やしていきます。

増えてくると代謝物も増えるわけです。

そうなると弱酸性に保たれていたphが傾き、肌に刺激を与え炎症が起こります。

 

マラセチア菌はカビですからね。

一度増えるとしつこいんです。

しっかりと治療を受けないといけません。

気になる治療法は?

脂漏性皮膚炎の治療は、外用薬、内用薬両方を利用して行われることが多くなります。

外用薬はステロイドと抗真菌剤が用いられます。

まずはじめは。ステロイドのほうが症状を抑えるのが早いのでステロイドが使われ、症状が治まってから抗真菌剤でマラセチア菌を殺菌していきます。

同時に症状に合わせて、かゆみ止めや皮脂を抑える薬などの内用薬を処方されることもあります。

 

治療期間ですが、脂漏性皮膚炎はアトピーと並ぶ皮膚科特定疾患で、慢性難治性の高い皮膚炎に分類されています。

完治することは可能ですが、6週間程度かかることもあります。

皮膚科に行ったらあとはひたすら医師の指示に従いましょう。

水虫の白癬菌などと同じカビなので、かゆみ等がなくなっても薬を続ける必要があります。

 

夏の紫外線だけでなく冬の乾燥にも気を付けて!

夏の直射日光を浴びると頭皮が日焼けして、急なフケの原因になるとお話しましたが、冬も気を付けないとフケが出やすい季節なんですよ。

冬はとにかく乾燥しますよね。

紫外線はそんなに気にしなくていい季節なので、帽子も日傘もあまり使いませんね。

 

そうするとどうなるか。

外気の乾燥した空気にさらされて頭皮まで乾燥してくるんです。

乾燥すれば、先にもお話したパラパラしたフケが発生しやすくなります。

 

冬は冬で対策が必要ですよ。

頭皮用のローションなどがありますよね。

そういうものをこまめに付けておく習慣をつけると良いでしょう。

 

ローションを頭につける際の注意ですが、頭皮はデリケートなので手で付けたりすると刺激になってしまうことがありますので、手で直接つけなくても済むようなノズル式やスプレー式を利用するといいでしょう。

 

気に病みすぎてストレスを溜めると悪循環になります

フケは美観を損ないますので、特に女性などはとても気にする方がいらっしゃいますが、あまり気にしすぎるのもフケを増やす原因になります。

 

ストレスは自律神経を高ぶらせて血管を収縮させてしまう働きがあります。

血管が狭くなると血液が末端まで届かなくなります。

頭皮の血管は極細の毛細血管ですから、ただでさえ届きにくいものがさらに行き渡りにくくなります。

 

そうなると栄養分が届かないんですね。

栄養が届かないと頭皮は荒れてきます。

 

頭皮の状態が良くない間はフケが出るのは仕方ありません。

人前に出る時は明るめの服を着てフケが落ちても目立たなくするとか、シャンプーを変えて優しく洗うとか、脂っこい食事を控えるなど、できる対策をしてデーンと構えていましょうね。

 

そしてフケのことなんか忘れる楽しい時間をたくさん持つことも、日々のストレス解消に繋がりますので大切なことです。

 

まとめ

フケの対策をお話してきましたが、どうですか?できそうですか?

やることは、シャンプーをオーガニックに変えて優しく頭皮をいたわりながら洗って様子を見ることです。

シャンプーを低刺激のものに変えると、長くても一週間くらいで変化が見られるはずです。

一週間たってもやたら脂が多く改善が見られない時は早めに病院ですよ。

放置しても自然には治りにくいですからね。

 

*オーガニックシャンプーのNo.1を大決定!

ランキング
【人気】オーガニックシャンプーおすすめランキング20選!

最近は髪への美容意識が高まり、オーガニックシャンプを選ぶ方が増えましたね。 少々お高いものでも、良いシャンプーはよく売れ ...

続きを見る



アスロングを早速試してみる!



★最安値公式サイトはコチラ!★

公式サイトはコチラ!



-髪のトラブル改善法

Copyright© 【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.