アスロングが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー!

髪のトラブル改善法

髪のパサつきを治す方法!シャンプーの見直しから始めよう!

更新日:

年齢を問わず、綺麗な髪には誰もが憧れるものです。

しかし、髪がパサついていては、綺麗な髪どころか、その人の印象までガラッと変えてしまいます。

普段のスキンケアはしっかりとしているのに、髪のケアはあまりしていないという人はいませんか?

そんな方は、この機会に髪のケアの方法をしっかりと見直してみましょう。

 

ここでは、パサつきのないツヤツヤとした綺麗な髪になるためには、どのような対策をしたらいいのかを確認していきましょう。

この機会に、パサつきのないしっとりと美しい髪を手に入れましょう。

 

髪がパサつく要因とは

髪がパサついてしまう要因とは、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、気になるその要因を詳しくみていきましょう。

髪が広がってパサパサになる

髪が広がりやすい人は、パサつきやすくなります。

それは、髪が傷んでいることによって、キューティクルがはがれている状態になっているためです。

この髪が広がっている状態とは、髪の中の水分が足りない状態となっており、水分が足りないことから髪が広がるようになってしまいます。

このように、広がりやすい髪の人は、髪の毛が乾燥しているので潤いを補う必要があります。

うねってパサパサになる

うねってしまう髪とは、髪が乾燥してパサパサになってしまっている状態のことです。

これは、髪が広がるのと同じように、キューティクルがはがれている状態になり、髪の毛がまっすぐにならずにうねってしまいます。

また、頭皮が整っていないことでも、うねりが起こることもあります。

これは、頭皮に汚れが詰まってしまうと、髪の毛がまっすぐ生えないことから、うねりが起こることもあります。

髪が細くてパサパサになる

髪が細いと、どうしても太い髪に比べて、パサつきやすくなります。

それは、髪が細いと、太い髪に比べてキューティクルの数や水分、タンパク質の量などが少ないということが言えます。

そのため、どうしても髪が細いと、パサつきやすい髪になってしまうのです。

髪が加齢によってパサパサになる

髪の毛も肌と同じように、歳を重ねると変化していき、乾燥しやすくなります。

この原因は、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことが関係しています。

ホルモンのバランスが崩れることで、頭皮が乾燥したり、髪が細くなったり、髪がパサついたりと、色々なトラブルを招いてしまいます。

 

髪がパサつく原因とは

髪がパサつく要因をご紹介させていただきましたが、ここでは、その原因を詳しくみていきましょう。

原因を探ることによって、より髪のパサつきを防ぐことができると思います。

紫外線

髪の毛に紫外線が当たると、肌と同じようにダメージを起こしてしまうことをご存知ですか?

髪に紫外線が当たると髪が乾燥し、そのことによってキューティクルがはがれてしまい、髪がパサついてしまうのです。

 

さらに、紫外線によって頭皮も乾燥してしまうので、皮脂が増え、結果的に毛穴の詰まりが起こってしまいます。

髪の毛は、紫外線に当たりやすいので、夏は帽子をかぶって予防したり、長い時間紫外線に当たらないようにするなどの対策を取ることが大事です。

間違ったシャンプーやブラッシン

シャンプーをする時は、爪を立てずに、地肌をマッサージするように優しく洗いましょう。

頭皮を、爪を立てて洗ってしまうと傷をつけてしまう原因になります。

 

シャンプーをするときはまず、お湯でしっかりと汚れを洗い流してから、髪の毛にシャンプーをつけて洗っていきます。

マッサージをするように頭皮を洗ったら、必ずしっかりとすすぎ、泡が残らないようにしましょう。

泡が残っていると、頭皮の毛穴が詰まってしまう原因になるので注意しましょう。

この時、地肌や髪の毛に優しいオーガニックシャンプーを使うと、より効果的に髪の毛を洗うことができます。

 

さらに、正しいブラッシングも、同じことが言えます。

無理やり髪の毛をとかしたり、頭皮に刺激を与えてしまうと、髪の毛がパサついてしまう原因になります。

ブラッシングは、頭皮を傷つけないように優しく行いましょう。

そして、絡まった髪を無理にとかさず、毛先をほぐした後に、全体をとかすようにしましょう。

過度なパーマやカラーリング

カラーリングやパーマは、髪の毛に刺激の強い薬品を使うので、使うたびに髪にダメージを与えてしまいます。

髪の表面には、キューティクルがあり、このキューティクルが、パーマやカラーリングの薬品を使うことで傷つき、髪の内部がむき出しになってしまうことにより、髪の潤いが外に流れてしまいます。

このことにより、髪がパサついてしまうのです。

そのため、パーマやカラーリングを頻繁にする人は、その回数の見直しをするといいでしょう。

栄養不足

パサつきのない、健康な髪の毛を保つためには、日頃から栄養バランスが取れた食事が大事です。

特に、過度なダイエットなどで、しっかりとした食事が取れていないと、髪のダメージにもつながってしまいます。

そのため、日頃から無理なダイエットは控え、三食きちんとバランスのいい食事を摂るように心がけましょう。

間違ったヘアドライヤーの使い方

髪がパサついてしまう人は、ここでドライヤーの使い方を見直してみましょう。

シャンプーをした後に、濡れたまま寝ることは、髪に良くありません。

寝る前には必ず、髪の毛をドライヤーでしっかりと乾かしてから寝るようにしましょう。

 

この時の乾かし方ですが、ドライヤーはまず、根元を乾かしてある程度乾いてから、全体を乾かしていきます。

全体の8割くらいを乾かしたら、上から下へキューティクルの向きに沿って、乾かしていくことが大事です。

キューティクルの向きを乾かしながら整えることによって、髪のパサつきを抑えることができます。

女性ホルモンのバランス

髪の毛と女性ホルモンは、とても大事な関係があります。

日頃のストレスや更年期の影響で、女性ホルモンが低下すると、体の血行が悪くなります。

そうなると、髪の毛に栄養が行き渡りにくくなり、髪の毛がパサついてしまうのです。

 

このように、直接の原因ではありませんが、女性ホルモンも髪の毛に大変な影響を与えてしまうのです。

そのため、日頃からストレスを溜めない生活や、規則正しい生活を心がけましょう。

 

内面からパサつきを防ぐ方法

髪のパサつきを内面から防ぐ方法とは、どのような方法なのでしょうか?

このことで言えることは、髪の毛を健康に保つことが、パサつきのない髪への近道になります。

 

そして、健康的な髪になるためには、きちんとバランスが取れた食事を、日頃から気をつけることです。

髪の毛に必要な栄養素とは、主にタンパク質とビタミンB6です。

では一体、この二つは、どのように髪の毛にとって大切な働きをするのでしょうか。

どのようにたんぱく質が作用するのか

髪の毛は、タンパク質でできていることをご存知ですか?

その成分は、ケラチンというタンパク質のことで、このケラチンに含まれている、メチオニンが減ってしまうと、髪のパサつきの原因になってしまいます。

このメチオニンは、自ら生成することができないので、きちんと食事から補う必要があります。

 

またタンパク質は、主に大豆やお肉に含まれていますが、大豆は、女性ホルモンにも良い作用があるので、特に進んで摂取したいものの一つです。

さらに、タンパク質だけではなく、タンパク質の働きをよくしてくれる、ビタミンやミネラルを一緒に摂ると、さらに効果的と言えます。

どのようにビタミンB6が作用するのか

ビタミンB6が髪の毛のパサつきを治してくれる理由とは、タンパク質の代謝を助ける働きがあるためです。

ビタミンB6は、主にナッツ類から摂ることをお勧めします。
特に、ケラチンが含まれているアーモンドは、髪の毛のパサつきで悩んでいる方に適した食材と言えるでしょう。

 

しかし、もちろんナッツのみを食べていては意味がありません。

髪の健康を促すためには、バランスの取れた食事を心がけることが大事です。

 

外面からパサつきを防ぐ方法

髪の毛のパサつきを内面から防ぐ方法をみてきましたが、ここからは外面から防ぐ方法をみていきましょう。

両面から、しっかりとケアしてあげることによって、より綺麗な髪を保つことができることでしょう。

頭皮のマッサージ

髪の毛がパサついてしまう原因に、頭皮の乾燥が挙げられます。

そのため、髪の毛自体だけをケアするのではなく、頭皮のケアもしてあげることが、とても重要です。

 

頭皮をケアするためには、頭皮のローションを使って、優しくマッサージをしてあげることが効果的です。

この時頭皮のローションを使うことによって、頭皮の環境を良くし、地肌を乾燥から守ることができます。

そのことにより、髪の毛がイキイキとしてくるのです。

 

パサつきのない、綺麗な髪は、水分を12~14%も含んでいると言われています。

逆にパサついている髪の成分は、およそ半分ほどの6~8% しかありません。

これを改善するには、頭皮がきちんとした状態になっているのが理想的です。

 

またこのとき、天然成分の海藻エキスや、植物エキスが配合された頭皮のローションを使うこともおすすめします。

これらは、頭皮の保湿効果がとても高く、髪のパサつきを効果的に防いでくれます。

髪へのトリートメント

髪のダメージを防ぐためには、トリートメントが欠かせません。

トリートメントは、主にシャンプーの後につけて洗い流すタイプと、ドライヤーなどの日頃のケアの前につける洗い流さないタイプのものがあります。

 

シャンプーの後に使うタイプは、潤いを保つ目的などがあります。

そして、ドライヤーなどの前に使うタイプは、ドライヤーの熱から髪を守るために使われます。

どちらも、目的に合わせて、自分に合ったものを選んで使うようにしましょう。

 

また、日頃のケアをしているのに、なかなかパサつきが治らないという人は、トリートメントの種類を見直してみるのもいいかもしれません。

トリートメントは、髪の毛にアミノ酸を補う効果があります。

アミノ酸の中でも、グルタミン酸やセリンは、パーマやカラーリングなどの薬品で傷んだ髪に効果的です。

そして、チロシン、メチオニンなどは、潤いを守るアミノ酸です。

このように、自分の髪の状態に合わせてトリートメントを選ぶとよいでしょう。

 

正しいシャンプーの仕方

先程もシャンプーの仕方について少し触れましたが、ここではより詳しく、どのようにシャンプーをすると、パサつきのない髪の毛になるのかをみていきましょう。

 

シャンプーは、地肌をいたわりながら洗うことが大事です。

力を入れて、ゴシゴシと洗ってしまうのは良くありません。

地肌を強く洗ってしまうと、トラブルになりかねません。

そのため、シャンプーをするときは、地肌をマッサージするように優しく洗いましょう。

 

また、シャンプーは、オーガニックシャンプーがおすすめです。

オーガニックシャンプーを使うことによって、地肌に負担をかけることなく、優しく洗うことができます。

パサつきのない髪の毛は、頭皮のコンディションも十分に影響するにで、オーガニックシャンプーを使って、地肌をマッサージするように、頭頂と後頭を分けてしっかりと洗いましょう。

そして、洗ったあとのすすぎは、頭皮の毛穴の詰まりにつながってしまうので、十分に行うようにしましょう。

 

正しいシャンプーの選び方

髪のパサつきを予防するためには、シャンプー選びもとても重要です。

髪の毛が傷んでいるなら、アミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

 

そこで、シャンプーを選ぶ時に、ぜひおススメしたいのが、シャンプーに含まれている成分を確認することです。

髪の状態によって効果が変わるので、成分をしっかりと確認して、髪に合ったものを選ぶようにしましょう。

例えば、ベタイン系のシャンプーは、髪の保湿効果が高いので、パサつきが気になる髪におすすめです。

 

さらに、オーガニックシャンプーは、髪に負担をかけないように、髪に悪いとされる成分が含まれていない場合が多いようです。

安心して毎日使うことができるので、特におススメしたいシャンプーとなっています。

自分の髪の状態に合わせて、それぞれの効果別に選びましょう。

 

まとめ

ここでは、パサつきが気になる方に、シャンプーの見直し方法をご説明させて頂きました。

最近パサつきが気になるという人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

髪の健康は、頭皮の状態を整えることがとても大事です。

頭皮は、正しいシャンプーの仕方で、状態に合ったシャンプーを使うことが効果的です。

また、シャンプーを選ぶ時は、頭皮に負担がかからないオーガニックシャンプーを選ぶと、より髪の健康

良い作用がありますので、ぜひお試しください。

 

*オーガニックシャンプーのNo.1を大決定!

ランキング
【人気】オーガニックシャンプーおすすめランキング20選!

最近は髪への美容意識が高まり、オーガニックシャンプを選ぶ方が増えましたね。 少々お高いものでも、良いシャンプーはよく売れ ...

続きを見る



アスロングを早速試してみる!



★最安値公式サイトはコチラ!★

公式サイトはコチラ!



-髪のトラブル改善法

Copyright© 【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.