アスロングが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー!

髪のトラブル改善法

【決定版】切れ毛の原因と対策!シャンプーの選び方も!

更新日:



髪の毛をとかした時に、髪がプツプツと切れてしまうという経験をされたことはありますか?

そんな人は、髪の毛が傷んで切れ毛ができてしまっているので、すぐにでも切れ毛ケアをしてあげなければなりません。

髪の毛は、パーマやカラーリングなどで痛むのはもちろんですが、日頃の生活でも傷んで、切れ毛の原因になるものは沢山あります。

 

そこで、ここでは、それら切れ毛の原因を探り、その対策方法をご紹介していきます。

髪の毛をしっかりとケアして、ツルツルで健康的な髪の毛を蘇らせましょう。

 

切れ毛とは?

切れ毛は、髪の内部に穴ができてしまている状態のことを言います。

これは、どのようなことかというと、髪の内部にあるはずのタンパク質やアミノ酸が足りないことにより、髪の内部がスカスカになっている状態になっています。

内部がスカスカになってしまうと、内部に栄養が足りなくなり、髪の潤いを保つことができず、髪が乾燥してしまうのです。

 

そして、髪が乾燥している状態で、髪の毛をとかすと、くしによる力が加わったことにより、プツプツと切れてしまうのです。

これが、切れ毛になります。

このように髪が乾燥すると、髪の毛の表面にあるキューティクルがはがれてしまう状態なので、日頃からキューティクルをしっかりと守るために、トリートメントやシャンプーなどでケアをしてあげなければなりません。

切れ毛と枝毛はどう違うの?

切れ毛とは、先ほどお話したように、髪の毛がプツプツと切れてしまうことを言います。

一方、枝毛とは、髪の毛の先端が裂けてしまっていることをいいます。

どちらも、同じように髪のダメージから起こってしまうことで原因は一緒ですが、枝毛と切れ毛それぞれ、髪の状態の違いを言います。

切れ毛になる髪のタイプの特徴

髪の毛の種類は主に、太くて硬い髪の毛と、細くて柔らかい髪の二つに分かれます。

では一体、どちらのタイプが切れ毛になりやすいのでしょうか?

 

これは、細くて柔らかい髪の毛の方が、切れ毛になりやすいということが言えます。

それは、細い髪の毛は、髪の中のタンパク質や水分が、太い髪に比べて少ない特徴があるためです。

そのため、どうしても細い髪の方が傷みやすく、切れ毛になりやすいということがいえます。

 

さらに、切れ毛になりやすい髪質の特徴として、くせ毛の人もその一つだと言えます。

これは、くせ毛はまっすぐな髪よりも、髪内部の潤いが少ない特徴があるためです。

そのため、どうしても、切れ毛になりやすいということが言えます。

 

切れ毛の原因とは

切れ毛の対策をご紹介する前に、まずは切れ毛の原因とは、どのようなものなのかをみていきましょう。

ここでは、普段の生活から切れ毛の原因になるものを一つ一つみていきましょう。

ドライヤーの熱

切れ毛の原因の一つに、ドライヤーの熱によって、髪にダメージを与えて起こることがあります。

髪の毛はもともと熱に弱いもので、ドライヤーの熱を受けると、かなりのダメージを受けることになります。

ドライヤーをするときは、近ずけ過ぎないようにしたり、温度に気をつけるなどの配慮が必要です。

そのため、お風呂上がりにドライヤーを使うときは、タオルでしっかりと乾かして、長い時間ドライヤーをあてないようにすることが髪にとっていいでしょう。

ダメージの蓄積

髪のダメージは、日頃の色々なところで原因があります。

例えば、パーマやカラーリングも、そのダメージの原因の一つになります。

それら日頃のダメージが積み重なっていくと、切れ毛の原因になってしまうのです。

 

パーマやカラーリングは、髪を傷めてしまう薬を使います。

そのため、パーマやカラーリングをする頻度を見直すことが大事になるでしょう。

枕やタオルの摩擦

切れ毛の原因として、髪の毛の摩擦が原因になる場合があります。

日頃、髪の毛の摩擦を起こしてしまうものは、髪を洗った後にタオルドライをする時や、寝る時に枕でこすれてしまうことなどが考えられます。

 

特に、髪が濡れている時の摩擦は、気をつけなければなりません。

それは、髪が濡れていると、髪の表面にあるキューティクルが乱れている状態なので、よりダメージを受けやすくなってしまいます。

 

このことから、濡れた髪の毛をタオルで乾かすときは、こすらずにポンポンとタオルを叩きながら水分をとったり、枕で濡れた髪に毛が擦れないように、寝る前に必ず、髪の毛を乾かしてから寝るようにしましょう。

寝る前にしっかりと乾かすことによって、朝起きた時の髪の状態がだいぶ違うでしょう。

栄養不足

髪にしっかりと栄養が行き届いていないと、切れ毛の原因になります。

例えば、ダイエットで栄養が偏っていたり、バランスのいい食事ができていないと、髪に栄養が行き渡らずに切れ毛になってしまいます。

 

髪の毛は、タンパク質とアミノ酸で作られてしますので、健康な髪の毛を作るためには、これらの栄養素をしっかりと取る必要があります。

タンパク質は、肉や魚に含まれています。

しかし、こればかりを摂っていればいいというわけではありません。

それと合わせて、髪の毛の健康には欠かせない、大豆類や海藻類などを一緒に取ると効果的でしょう。

紫外線

髪の毛は、紫外線に弱い性質があります。

髪の毛は、紫外線が当たることによって、キューティクルを傷めてしまいます。

キューティクルにダメージを与えると、髪の中にある水分が外に出てしまい、髪が乾燥してしまうのです。

そうなると、髪がもろくなってしまい、切れ毛の原因になってしまいます。

 

また、夏の日差しが強い時間に、長時間紫外線に当たることは、髪に大きなダメージを与えてしまいます。

そのため、なるべく日差しが直接当たらないように、帽子をかぶったり、日陰にいるなどの対策を取るといいでしょう。

静電気

冬になると、髪の毛の静電気が気になるという人は多くいると思います。

この静電気も実は、髪の毛にダメージを与えてしまい、切れ毛の原因になります。

髪の毛に静電気が発生すると、キューティクルにダメージを与えます。

このことから、髪の内部の水分が外へ逃げてしまい、日頃のダメージを受けやすいくなることから、切れ毛の原因になってしまいます。

 

そのため、出来るだけ静電気を起こさないように、静電気防止のスプレーを使ったり、トリートメントを使って髪に水分を補ったり、シャンプーに気をつけるなどの対策をとるようにしましょう。

パーマやカラー

パーマやカラーリングをよくする人は、髪がとても痛みやすくなります。

カラーやパーマは、強い薬を使うので、やるたびに髪にダメージを与えてしまいます。

 

もちろん、カラーやパーマを絶対にしないようにするというのは難しいので、もし切れ毛が気になるようでしたら、その頻度の見直しをするようにしましょう。

今まで、頻繁にやっていたものを、少し時間をあけてやるようにすると、少しは切れ毛の軽減になります。

女性ホルモン

切れ毛は、女性ホルモンと、とても深い関係があります。

女性ホルモンが乱れると、髪の毛は弱くなります。

そのため、体はもちろん、髪にも色々なダメージを受けやすくなり、切れ毛も起こりやすくなります。

 

女性ホルモンの乱れは、生理や妊娠、そして更年期など様々な状況で起こります。

これを和らげるためには、日頃から規則正しい生活をし、ストレスをためないように心がけることが一番です。

切れ毛が気になる人は、女性ホルモンが乱れているかもしれません。

まずは、自分の生活をしっかりと見直してみましょう。

睡眠の乱れ

実は、切れ毛の原因の一つに、睡眠不足があります。

睡眠不足は、体の色々な不調を起こしてしまう原因になりますが、髪の毛も、その一つとなってしまいます。

髪の毛の健康を守るためには、睡眠を十分にとることがとても大事です。

 

また、ただ寝ればいいというわけではなく、特に22時から夜中の2時は、特に寝ていることが好ましいと言われています。

これは、ゴールデンタイムと呼ばれ、髪が健康の状態へ戻る大事な時間になります。

この時間に寝ていることによって、髪が健康になるので、出来るだけ早く寝ることが理想的です。

ストレス

ストレスは、体に良くないものですが、髪にも良くないと言えます。

それは、まずストレスがたまると、自律神経が崩れることによって、血行が良くない状態になります。

そして、そのことにより、髪の毛に栄養素が行き渡らなくなり、髪が健康ではない状態になるのです。

その状態から、切れ毛の原因になるのです。



そのため、ストレスは、できるだけ溜めないようにしましょう。

髪の毛が傷んでるとお悩みの方は、ストレスを知らずに溜めてしまっているかもしれません。

ストレスを溜めないためには、定期的に発散させる場を作り、常にストレスのことを心がけましょう。

 

切れ毛を目立たなくする便利な方法

これまで、切れ毛になってしまう原因をみてきましたが、ここでは、出来てしまった切れ毛を、少しでも目立たなくすることはできるのかをみていきましょう。

切れ毛が気になっている人は、ぜひ参考にしてください。

スタイリングを工夫する

切れ毛を目立たなくするために、とても効果的なのは、スタイリングを工夫することです。

切れ毛になってしまった毛は、スタイリング剤などを使ってまとめたり、分け目を変えてみることがオススメです。

 

スタイリング剤を使えば、切れ毛がツンツンと出てしまったものを抑えることができます。

さらに、切れ毛が少ない場所で分け目を作ることもおススメです。

洗い流さないトリートメントを使う

髪が傷んでいるときは、髪の毛をケアしてあげることが大事です。

シャンプー後に、トリートメントを使うことも大事ですが、乾いた髪に使う洗い流さないタイプのトリートメントを使うことによって、切れ毛を落ち着かせることができます。

髪を守るだけではなく、ツンツンと出た切れ毛を落ち着かせる効果もあるので、気になるところに使いましょう。

切れ毛を切る

切れ毛は、一度出来てしまったら、元に戻りません。

そのため、切れ毛になってしまったところをカットすることも、目立たなくするためには、とても効果的だと言えます。

切れ毛が出来てしまった毛を、切れ毛になってしまっている部分の5センチほど上から切ることによって再発を防ぎます。

切れ毛を切ることは、見た目を落ち着かせるためには、とても簡単で効果的な方法だと言えます。

 

切れ毛に効果的なシャンプーやトリートメントとは

ここでは、切れ毛でお悩みの方に、切れ毛に効果的なシャンプーやトリートメントとはどのようなものかをみていきましょう。

 

シャンプーは、しっかりと汚れを落としてくれるような強いシャンプーよりも、オーガニックで、地肌にも優しく洗うことができるようなものを選ぶようにしましょう。

さらにオーガニックシャンプーといっても、程よい洗浄力で、キューティクルを補修してくれるものがオススメです。

切れ毛を防ぐためには、常に髪の毛を健康に保つことが大事です。

 

さらに大事な成分は、シャンプーとトリートメントには、キューティクルを補修してくれるCMCや、PPTが含まれているものがオススメです。

これらは、毎日使うシャンプーやトリートメントに欠かせないものとなっています。

そして、シャンプーの方法にも、その効き目が変わってきますので、ここでしっかりとしたシャンプーの仕方を知っておきましょう。

 

まず、シャンプーをする前は、必ずブラッシングをして、髪についたホコリなどを優しくとってあげましょう。

その後、シャンプーをつける前に、お湯でしっかりと髪を洗い流します。
このことにより、髪の汚れはほぼ取ることができますし、シャンプーの泡立ちもよくなります。

次に、地肌を優しくマッサージするように洗っていきます。

この時、必ず爪を立てずに、優しく洗うこととが大事です。

また、最後にシャンプーを十分に洗い流します。

 

この時、シャンプーが残っていると、毛穴のつまりなどの原因になりかねませんので、気をつけてください。

 

まとめ

ここでは、切れ毛の原因や、その対策、さらにシャンプーやトリートメントの選び方などを見てきました。

切れ毛ができてしまっては、元に戻すことはできません

そのため、切れ毛ができないようにするためには、日頃からシャンプーやトリートメントなどのケアに気を使うことがとても大事です。

 

日頃から髪を優しくいたわってあげることは、オーガニックのシャンプーやトリートメントがとてもオススメです。

切れ毛が気になっている人は、ぜひ日頃のケアをしっかりと見直してみましょう。

 

*オーガニックシャンプーのNo.1を大決定!

ランキング
【人気】オーガニックシャンプーおすすめランキング20選!

最近は髪への美容意識が高まり、オーガニックシャンプを選ぶ方が増えましたね。 少々お高いものでも、良いシャンプーはよく売れ ...

続きを見る



アスロングを早速試してみる!



★最安値公式サイトはコチラ!★

公式サイトはコチラ!









関連オススメ記事

-髪のトラブル改善法

Copyright© 【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.