アスロングが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー!

髪のトラブル改善法

【頭かゆい】夏と冬の頭のかゆみ対処法!季節によってちょっと違うよ

更新日:



頭皮のかゆみってイヤですよね!

なんかムズムズが気になって集中力はなくなるし、いつも頭をかいているのって人目も気になります。

今回は、そんな頭のムズムズやかゆみの原因、また、その対処法を勉強していきましょう。

 

何が原因で頭皮の炎症は起こるの?

頭皮の炎症には、大きく分けて ”脂漏性皮膚炎” と ”乾燥性皮膚炎” があります。

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰に分泌されてしまうことで、また、乾燥性皮膚炎は肌が乾燥することで引き起こされてしまいます。

脂漏性皮膚炎とは

人間の皮膚には、常在菌と言われる微生物がとてもたくさん棲みついています。

なんか微生物が棲みついているというと、ちょっと気持ち悪い気もするんですが、これらの微生物にはたくさんの種類がいて、それらの微生物がバランスよくいてくれている時には、病原菌が繁殖するのを抑えてくれるなど、肌の健康を守ってくれるんです。

 

しかし、ある微生物だけ異常に繁殖してしまうなど、常在菌がバランスを崩してしまうと、今度は肌にとって害となるような悪さをしてしまうのです。

 

その一つに、マラセチア真菌というのがいます。

このマラセチア真菌は、普段は皮膚を弱酸性に保ってくれるために役立ってくれているのですが、繁殖しすぎてしまうことで肌に害を及ぼします。

 

繁殖しすぎたマラセチア真菌は、皮脂を分解することで、頭皮を刺激する ”遊離脂肪酸” という成分を作り出してしまいます。

その刺激によって頭皮が炎症を起こしてしまうことになるのですが、今度は、その刺激から頭皮を守ろうと、たくさんの皮脂が分泌されます。

そして、マラセチア真菌は、そのたくさんの皮脂からまたせっせと、遊離脂肪酸を作り出す・・という繰り返しです。

本当に悪循環ですよね。

 

このようにして過剰に皮脂が分泌されてしまうことで炎症が起こる、脂漏性皮膚炎ですが、この脂漏性皮膚炎になってしまうと、頭がかゆくなり、かくとフケが出やすくなってしまいます。

かいたときに頭皮に傷がついてしまうと、かさぶたがたくさん出来てしまうというような事態にも・・。

 

皮膚の常在菌のバランスが崩れないようにする為には、バランスのいい食生活や正しいシャンプーをすることなどが必要だと言われています。

乾燥性皮膚炎とは

頭皮などから分泌されている皮脂には、皮脂膜というバリアを作って、水分を逃さないようにして保湿する役目や、体に細菌などが入らないように守ってくれる役目などがあります。

なので、皮脂が多すぎるというのも困りますが、少なくなりすぎても困るのです。

 

もし、この皮脂膜が作れなくなるほど皮脂が少なくなってしまった場合、水分は逃げてしまうし、皮膚から細菌が入り込んでしまい炎症が起こったりします。

これによって乾いたフケなどが落ちてくるようになれば、それが乾燥性皮膚炎かもしれません。

空気が乾燥する冬に起こりやすいですが、夏であっても髪の洗いすぎなどが原因で乾燥性皮膚炎になることがあるんですよ。

 

皮脂の落としすぎに注意してシャンプーをすることや、きちんと保湿をすることが大切なようですね。

2種類のフケがある

頭皮に、めくれた皮膚や赤みがあると皮膚炎の可能性があります。

さらに、皮膚炎になってしまうとフケも出てきてしまうことがありますが、脂漏性皮膚炎と乾燥性皮膚炎ではフケもちょっと違うんです。

 

脂漏性皮膚炎などのフケは、水分や皮脂をたくさん含んでいて固まりやすくなっているので、大き目の湿ったフケが出やすくなります(パラパラのフケが出ることもあります)。

それに比べて乾燥皮膚炎などのフケは、水分や皮質が少なくて乾いた、小さめのフケが出やすくなります。

 

自分では判断できない時は、頭皮の状態をチェックしてくれる育毛店や美容院もあるので、そういうところで見てもらうのもいいかもしれませんね。

また、もちろん皮膚科でもフケの種類や原因を診てくれますし、その結果によって薬を処方してもらったり、アドバイスをもらうことも出来ますよ。

 

頭皮の炎症を防ぐには

頭皮の炎症を防ぐためにも、今炎症が起こっている人がその炎症を治すためにも、次のことを実践してみてください。

頭皮を清潔にする

特に脂漏性皮膚炎の場合には、汚れと余分な皮質を取り除き、頭皮を清潔にすることが大切です。

そのためには毎日きちんと洗髪をして、お風呂の後はすぐにドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかりと乾かしましょう。

 

しかし清潔にといっても、必要な皮脂まで取り除いてしまうといけないので、一日に何度もシャンプーをしたり、洗浄力の強すぎるシャンプーは使わないようにしてください。

血流改善に取り組む

血行が良くなると、頭皮に十分な酸素や栄養が届けられるようになるため、頭皮の健康には、血流がいいということはとても大切です。

血流をよくするためには、普段から体を温めることを意識してください。

冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎないことや、お風呂は夏でもシャワーで済ませないでちゃんと湯船に浸かること、また軽い運動を習慣的に行うことも大切ですね。

 

さらに、マッサージも血流改善には効果的です。

お風呂に浸かりながら肩の凝りをもみほぐしたり、シャンプーをしながら頭皮マッサージをするのがおすすめです。

あまり強い刺激を頭皮に与えないようにする

頭皮というのは、他の場所の肌と比べると薄くてデリケートです。

そのため、腕や足などと同じ感覚でボリボリ掻いたりしてしまうと、傷つきやすいんです。

 

髪を抜く癖があったり、頭をよく掻いてしまう人、シャンプーをする時にも、爪をたててゴシゴシしてしまっている人などは注意してください。

その何気ない行動が、炎症を引き起こしてしまうかもしれませんよ。

質のいい睡眠を

寝ている間に分泌される成長ホルモンは、体のダメージを修復してくれるなど、体のメンテナンスを行ってくれています。

頭皮や髪の健康も、もちろんこの成長ホルモンと関係しています。

 

なので、きちんと睡眠時間を確保することが大切です。

また、ある程度の時間眠るということだけではなく、成長ホルモンの分泌には質のいい睡眠をとるということも重要なんです。

そのため、眠る前にはスマホやパソコンを見ることをやめて脳と体をリラックスさせてあげましょう。

 

夏に頭皮がかゆくなる原因とは?

夏は汗をかきやすいし、帽子をかぶる機会も多いので頭がかゆくなりやすい季節かもしれません。

でも、汗だけではなく、他にも頭がかゆくなる原因があるかもしれませんよ。

頭をかゆくさせる夏のダメージって?

主に、夏に頭皮がかゆくなる原因は、紫外線や汗、皮脂とエアコンの影響によるものです。

体の中でも一番太陽に近い場所にある頭皮は、紫外線を受けやすく、紫外線は炎症が起こる原因になってしまうのです。

また、夏に汗や皮脂が多く出てしまうのは仕方のないことですが、それらをそのままにしてしまうと、雑菌が繁殖してしまい、頭皮環境を悪化させてしまうことになります。

 

そして、夏なのに意外だと思う人もいるかもしれませんが、実は夏でも頭皮は乾燥しやすい環境にあります。

それはエアコンをよく使う季節だからです。

 

冬は乾燥しやすい季節だという認識が多くの人にあるため、しっかりと乾燥対策をするけど、夏は結構忘れがちです。

頭皮の為にも、夏こそしっかりとした乾燥対策が必要なんですね。

 

夏に頭がかゆくなるのを防ぐには?

さきほど紹介したような、紫外線や汗・皮脂、エアコンなどによる夏の頭皮のかゆみを防ぐために、なにか出来ることはあるでしょうか?

その具体的な方法をいくつかあげてみましょう。

紫外線を避ける

頭皮が長時間紫外線を浴びてしまうと、本来、頭皮を守る役目のはずの皮脂膜が、過酸化脂質という細胞を攻撃する物質に変化してしまいます。

これによって、頭皮が炎症やかゆみを引き起こしてしまうのです。

また、頭皮のバリアである皮脂膜が壊れてしまうので、水分が蒸発して乾燥も進んでしまいます。

 

そんな紫外線から頭皮を守るためには、例えば、帽子や日傘で影を作ることや、髪に振りかけるスプレータイプの日焼け止めを使うことがおすすめです。

日焼け止めは色々な種類がありますが、体用のものなどを使うと毛穴に詰まったりする可能性があるので、必ず頭皮にも使用できるタイプのものを使って下さい。

 

それでももし日焼けをしてしまった時は、その日のうちに、頭皮に使えるタイプのローションやクリームなどを塗って保湿することが大切です。

 頭皮を清潔に

汗をかきやすく頭皮が汚れてしまいがちな夏は、特に皮膚を清潔に保つということを意識する必要があります。

かいた汗はなるべくすぐに拭き取ることや、帽子をかぶる時には、蒸れにくいものを選んだり、たまに帽子を脱いで外気にさらすということを心がけましょう。

 

そして、シャンプーは夜にしましょう。

疲れているから次の朝でいいや、なんて、汚れがついたまま寝てしまうと、毛穴に汚れや皮脂が詰まってしまいます。

汚れは毎日落として、雑菌が繁殖しないように、ドライヤーですぐに乾かしましょう。

乾燥から頭皮を守る

エアコンが効いた部屋に長時間いると、想像以上に空気は乾燥してしまうものです。

すると、もちろん頭皮も乾燥します。

必要な皮脂が少なく、頭皮が乾燥してしまうのは、様々なトラブルの元になるので、乾燥対策が必要ですね。

 

まず、頭皮を乾燥から守るためには、エアコンの風に直接当たらないようにする工夫や、部屋を加湿することが大切です。

さらに、保湿剤などを使って頭皮を保湿するといいですね。

 

そして、頭皮を乾燥させないためには、シャンプー選びもとても重要になってきます。

洗浄成分の強すぎるシャンプーを使っていると、頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまうんです。

そうならないためには、汚れや余分な皮脂だけを洗い流してくれる、頭皮に優しいシャンプーを使いたいですよね。

 

頭皮や髪と同じ弱酸性でおすすめなのが、アミノ酸系のシャンプーです。

成分表示のところを見て、” ココイル〜 ” や、” ラウロイル〜 ”、” ~ベタイン ”なんて書いてあるのがアミノ酸系シャンプーです。

しっかりと洗浄成分を確認してから、シャンプーを選びましょう。

 

冬に頭皮がかゆくなる原因とは?

やっぱり、冬の頭皮のかゆみは乾燥が原因であることが多いです。

先ほど夏の乾燥のところで説明したような、部屋の加湿や頭皮の保湿、シャンプー選びが同じように重要です。

それに加えて、冬だからこそ気を付けないといけないこともあります。

それはシャンプー時のお湯の温度です。

 

夏場は気温が高いため、お湯の温度はぬるくする人も多いでしょうが、冬は寒いので、お湯の温度を高い目に設定しますよね?

ぬるま湯に浸かっていては風邪を引いてしまうので、湯船のお湯は少し高くしてもいいですが、シャンプーの時にはぬるめのお湯を使って下さい。

 

熱いお湯で繰り返しすすいでいると、頭皮の皮脂が溶けてしまいます。

せっかく頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーを使って、必要な皮脂を残しても、すすぎで熱いお湯をかけてしまうと台無しですよね。

少し面倒だと感じても、すすぎに使うお湯だけはぬるめのお湯を使いましょうね。

 

今使っているシャンプーは何系ですか?

洗浄成分による違いで、シャンプーには石油系や石鹸系、アミノ酸系などがあります。

 

この中の石油系と石鹸系は、少し洗浄力が強すぎるようです。

余計な皮脂や汚れは落とさないいけませんが、頭皮を守るのに必要な皮脂は残す必要があるため、洗浄力の強すぎるシャンプーは使わない方がいいですよね。

 

また、石鹸系というのは、余計なものが入っておらず環境には優しいので、自然派な方に安定した人気があります。

しかし、石鹸はアルカリ性なんです。

ところが、人間の肌は弱酸性なので、石鹸系のシャンプーを使うと、肌が弱い人だと頭皮が赤くなったりかゆみが出ることがあります。

頭のかゆみを防ぐのに選ぶべきシャンプーって?

先ほど見た、それぞれの洗浄成分の特徴からして、洗浄成分が強すぎず、弱酸性のアミノ酸系のシャンプーが頭皮には優しいようですね。

さらに、なるべく余計な添加物が入っていないオーガニックなものや、雑菌の繁殖を抑えるような成分が入っているものだともっといいです。

そして、乾燥を防ぐために、頭皮の保湿成分が入っていたり、ノンシリコンシャンプーというのもうれしいですね。

 

ノンシリコンがいいということに関してですが、これはシリコンが頭皮に悪いという意味ではありません。

洗浄力が強すぎる洗浄成分を使っているシャンプーは、シリコンをいれないと髪がギシギシになってしまうため、シリコンを入れざるを得ないんです。

つまり、ノンシリコンシャンプーというのは、シリコンを入れなくても大丈夫なくらい、髪に優しい成分を使っている可能性が高いんです。

 

しかし、もちろんノンシリコンであっても、髪によくない成分を使っている場合もあるので、成分表示を確認することは大切です。

 

まとめ

夏でも冬でも頭がムズムズかゆい!

そんな頭皮のかゆみは、紫外線や乾燥、頭皮の汚れなどが原因にあるようです。

紫外線や乾燥から頭皮を守ることや、頭皮を清潔に保つことに加えて、使っているシャンプーを見直してみるのがかゆみの予防、改善には必要なようですね。

自分にあったシャンプー探しから始めてみてはどうでしょうか?

 

*オーガニックシャンプーのNo.1を大決定!

ランキング
【人気】オーガニックシャンプーおすすめランキング20選!

最近は髪への美容意識が高まり、オーガニックシャンプを選ぶ方が増えましたね。 少々お高いものでも、良いシャンプーはよく売れ ...

続きを見る



アスロングを早速試してみる!



★最安値公式サイトはコチラ!★

公式サイトはコチラ!









関連オススメ記事

-髪のトラブル改善法

Copyright© 【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.