アスロングが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー!

シャンプー選びについて

アミノ酸シャンプーとオーガニックシャンプーの違いとは?どっちがいい?

更新日:

最近はいろんな種類のシャンプーが発売されていますが、どのシャンプーを選んでいいかわからないことってありますよね。

髪は女性にとってすごく重要なものなので、髪の毛に影響を与えるシャンプー選びは特に重視していきたいところです。

 

では、近頃言われているアミノ酸シャンプーやノンシリコンシャンプーとは一体何なのかと気になる方もいらっしゃると思うので、ご紹介していきますね。

 

アミノ酸シャンプーってどんなもの?

アミノ酸シャンプーと言うだけあって、アミノ酸が入っているのかな...といったことくらいしかなかなかわかりませんよね。

では一体、アミノ酸が含まれるシャンプーとは一体どういうものなのか見ていきましょう。

アミノ酸とは

体の60%は水でできている、ということを聞いたことはありませんか?

実は残りの40%のうちの半分はタンパク質でできていると言われています。

アミノ酸は、そのタンパク質を作っている成分で、皮膚や筋肉、内臓や血管のもとになっています。

 

そのため身体は、水を除いた他の部分はほとんどアミノ酸でできていると言っても過言ではありません。

 

約500種類のアミノ酸の中で、約20種類が私たちの体を作っています。

その中でも10種類のみが体の中で合成できます。

そのため、意図的にアミノ酸を摂取しなければならないのです。

なぜアミノ酸シャンプーが話題に?

先ほど、アミノ酸を摂取しなければならないとお伝えしました。

それはシャンプーからでも可能なんです。

 

しかも、アミノ酸シャンプーにはいろんなおすすめポイントがあります。

1つ目は、アミノ酸シャンプーは地肌や髪の毛に非常に優しく、頭皮のかゆみやフケに悩んでいる方にもおすすめであること。

2つ目は、洗浄力が強すぎないため頭皮に必要な分の皮脂は洗い落とさず、不必要な分だけ洗い流してくれること。

3つ目は、シャンプーですが洗うだけではなく、アミノ酸が髪に吸収され修復してくれること。

 

このように、髪にとって良い効果がたくさんもたらされるため、アミノ酸シャンプーは美容界でもかなり話題になっています。

アミノ酸シャンプーって他とどう違うの?

シャンプーは、頭皮の汚れを落とす役割を担っています。

頭皮の汚れには余分な皮脂やほこりなどがあり、それらを洗い流すことが必要です。

 

しかし皮脂を過剰に落としてしまうと、頭皮の潤いを奪ってしまい髪トラブルの原因となってしまいます。

なぜなら皮脂は、頭皮を守るためにあるからです。

 

一般的なシャンプーは、洗浄力が非常に高い反面、必要な皮脂まで落としてしまうため、頭皮の状態を悪くしてしまう可能性があります。

必要な皮脂まで洗い流した結果、過剰に皮脂を出すようになったり、乾燥してフケが出るなどの髪トラブルが出てきてしまいます。

 

このようなことから、アミノ酸シャンプーは市販のものに比べて洗浄力が強すぎず、潤いを保つこともできるといった点が違うポイントとなります。

アミノ酸シャンプーの特徴&メリット

美容関係者や髪のケアを大切にしている人からかなりの支持を得ているアミノ酸シャンプー。

ではその特徴とメリットをまとめていきます。

  • 刺激が少ないため、髪や頭皮にはもちろん肌にも優しい
  • 保湿力が高いため、髪を洗った後のバサつきが少ない
  • 洗浄力が強すぎず、皮脂を必要以上に洗い流さない
  • 硬水であっても泡立ちやすい
  • 生分解性が優れている

こういった理由から、アミノ酸シャンプーは髪に良いと支持を得ています。

アミノ酸シャンプーの特徴&デメリット

アミノ酸シャンプーのデメリットは、メリットをそのまま裏返したものになります。

長所であり短所でもある部分が多いので、実際にそれを見ていきましょう。

  • 保湿力が高くしっとりと仕上がるため髪を洗った後の清涼感を感じづらい
  • 保湿力が高いため、髪が重くなりボリュームが出しづらくなってしまう
  • 洗浄力が強すぎないため、皮脂や整髪料が完全に取れない場合がある
  • 原価の価格と商品の価格が比例し、一般のシャンプーよりも少し値段が高い

どの商品にもメリット・デメリットがありますが、もちろんアミノ酸シャンプーにもメリット・デメリットが存在します。

やはりアミノ酸シャンプーの一番のデメリットは、肌に優しい分、洗浄力が強すぎないことだと言えます。

そのため、他のシャンプーよりも丁寧に洗うことを心がけると良いでしょう。

 

全体で考えてもアミノ酸シャンプーがおすすめ

ここまでアミノ酸シャンプーについてご紹介してきました。

髪の毛や頭皮のトラブルを抱えていらっしゃる方や肌が敏感な方は、洗浄力が強すぎないアミノ酸シャンプーをおすすめします。

数あるアミノ酸シャンプーの中ではどれがいい?

アミノ酸シャンプーがおすすめ、でもアミノ酸シャンプーと言っても様々な種類のものがありますよね。

実はアミノ酸シャンプーと書いていても、アルコール系のシャンプーに微量だけアミノ酸が入っているシャンプーも存在します。

 

そのため、アミノ酸がしっかり入っているか、成分表を見て確かめることをおすすめします。

全成分表の見方としては、まず一番多いのは水なので、水の次に記載されているものを確かめます。

これは、薬事法で配合量の多い順番に成分を記載するように決められているからです。

 

アミノ酸が微量しか配合されていないシャンプーですと、アミノ酸シャンプーのメリットもあまり効果を感じられなくなってしまうため、しっかりと自分の目で確かめることが重要です。

 

アミノ酸以外にもオーガニックシャンプーって聞いたことある?

最近、アミノ酸シャンプーと共に増えてきているのがオーガニックシャンプー。

食べ物もそうですが、オーガニックなものは体にいいと評判ですよね。

それではオーガニックシャンプーとは一体どんなものか、見ていきましょう。

オーガニックシャンプーとは

オーガニックシャンプーとは、洗浄成分の他の成分にもオーガニックなものが使用されているものです。

しかしこれは、日本の一般的な考え方でヨーロッパの考え方と大きく異なります。

 

オーガニックとは本来、有機肥料で土を作り、化学肥料や化学合成農薬を使わない有機栽培という方法のことを指します。

天然や自然といったイメージが日本ではありますが、原材料が有機栽培で作られたものを使っている製品のことを意味します。

 

実は日本では、オーガニックシャンプーに明確な定義が存在しません。

逆にヨーロッパでは、製品名にオーガニックとつける場合は以下のような決まりがあります。

  • 遺伝子が組み替えてある原材料を使わないこと
  • 化学肥料や農薬を3年間使用していない土地で栽培すること
  • 有機肥料は重金属や化学薬品が含まれないものを使用すること

このように、日本とヨーロッパではかなりの差があるのです。

 

ヨーロッパと違い、日本には明確な定義が存在しないため、少しでもオーガニックなものを使っていればオーガニックと製品名につけることができるのです。

つまり、添加物がほとんどを占めていてもほんの少しオーガニックな成分が入っていれば、オーガニックシャンプーと言うことができるのです。

このようなことがあることも、しっかりと覚えておきましょう。

そのため、海外の方もオーガニックとしておすすめしているシャンプーなんかを選ぶことをおすすめします。

 

また、オーガニックシャンプーは、使っていくうちに髪のついた化学物質が落ちていくので使い始めて3日などでは効果を実感することは難しいでしょう。

短くても1〜2週間は使い続けてみてくださいね。

アミノ酸シャンプーとオーガニックシャンプーの違い

アミノ酸シャンプーはアミノ酸が洗浄成分であること、オーガニックシャンプーはシャンプーに含まれている成分が全てオーガニックであることが本来の違いです。

しかし日本では、基準が明確ではないため、アミノ酸シャンプーもオーガニックシャンプーも少量でもアミノ酸やオーガニックな成分が入っていればアミノ酸シャンプー・オーガニックシャンプーであると言うことができてしまうのです。

 

ノンシリコンシャンプーについて

ノンシリコンシャンプーは、1度は聞いたことがある方が多いかと思います。

一時期爆発的に話題になり、皆さんこぞってノンシリコンシャンプーを買い求めましたよね。

 

アミノ酸シャンプーやオーガニックシャンプーの知識を得たところで、改めてノンシリコンシャンプーについて知っていきましょう。

ノンシリコンシャンプーとは

ノンシリコンとは、人が作った油性成分のシリコンが入っていないシャンプーのことを指します。

一般のシャンプーとの違いは、仕上がりに現れてきます。

 

一般のシャンプーは髪を覆う役割をシリコンがしてくれるため、髪にまとまりとツヤが出ます。

ノンシリコンシャンプーはシリコンが入っておらず髪を覆わないため、洗いあがりが軽く自然なボリュームが髪に出ます。

 

頭皮のべたつきが気になる方や髪に少しボリュームが欲しい方、またカラーやパーマをきちんとかけたい方に、ノンシリコンシャンプーはおすすめです。

 

また、ノンシリコンシャンプーは続けて使っていくことで髪の毛を元からきれいになることが期待できます。

初めはパサつきを感じることもあるかもしれませんが、洗浄力が優しいため少し汚れが残っているからです。

それらをノンシリコンシャンプーを続けて使うことによって、徐々に無くなっていき、美しい髪本来のパワーを上げることができます。

なぜ一般的なシャンプーにはシリコンが使われているの?

シリコンは決して有害なものではありません。

そして髪の痛んだ部分をシリコンが覆ってくれるので、指通りがいいツヤのある髪の毛になったような感覚になります。

しかしそれは表面上だけで、根本からきれいになっているわけではありません。

 

痛みが気にならず、ツヤを出したい方は、シリコンが入ったものを選ぶと良いでしょう。

どのようにノンシリコンシャンプーは選べばいい?

ノンシリコンについて学んできましたが、どのように選べばいいのでしょうか?

これからご紹介するので、自分にあったものを見つけてくださいね。

洗浄成分が刺激の少ないものが配合してあるものを選ぶ

洗浄成分の中で刺激が少ない、アミノ酸系とベタイン系が配合してあるものを選ぶと良いでしょう。

表示の仕方としては、アミノ酸系は「ラウロイル◯◯」「ココイル△△」のものを、ベタイン系は「□□ベタイン」などが挙げられます。

このような表示が記載されているものを選びましょう。

 

また反対に、刺激の強いものは頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼす原因になるため気をつけましょう。

例えば、ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naなどが一般的に使われています。

これらができるだけ含まれていないものを選ぶようにしましょう。

植物オイル配合のものを選ぶ

植物由来である植物オイルは、植物由来という意味であるボタニカルという言葉でも示されることがあります。

ボタニカルシャンプーなんかも最近はかなり有名になっていますよね。

 

ノンシリコンシャンプーは自然なボリュームを出すことができますが、シリコンの働きである髪をしっとりとまとめる働きは特別効果があるとは言えません。

しかし、ホホバオイルやアルガンオイル、アボカドオイルなどの植物オイルがシリコンに代わって働いてくれます。

 

そのため、ノンシリコンシャンプーで植物オイルが配合されているものが1番おすすめであると言えます。

ノンシリコンシャンプーの使い方

せっかく良いノンシリコンシャンプーを購入したのに、髪の洗い方が合っていなければもったいないですよね。

髪の洗い方は次のような手順です。

  1. お湯で地肌や髪についた汚れをしっかりと取っておく
  2. シャンプーを手のひらに出してきちんと泡立てる
  3. 指先ではなく指の腹でマッサージするように頭皮を洗う
  4. シャンプーが残らないようにしっかりと洗い流す

このように洗うことで、ノンシリコンシャンプーの効果をさらにあげることができます。

そしてこの後のトリートメントもかなり重要となってきます。

髪に栄養を行き渡らせるために10分ほど置いておき、洗い流すとより効果が高まります。

 

ノンシリコンシャンプーとトリートメントを使って、キレイな髪を目指していきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

髪の毛をキレイに保ちたい、地肌に優しいものを選びたい、いろんな方がいらっしゃると思いますが、ノンシリコンシャンプーの中でも植物性オイルが配合されているものが良いことがわかりました。

ぜひネットやお店で髪をきれいに保つことができ、自分に合ったシャンプーを探してみてくださいね。

 

*オーガニックシャンプーのNo.1を大決定!

ランキング
【人気】オーガニックシャンプーおすすめランキング20選!

最近は髪への美容意識が高まり、オーガニックシャンプを選ぶ方が増えましたね。 少々お高いものでも、良いシャンプーはよく売れ ...

続きを見る



アスロングを早速試してみる!



★最安値公式サイトはコチラ!★

公式サイトはコチラ!



-シャンプー選びについて

Copyright© 【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.