アスロングが効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー!

髪のトラブル改善法

急に猫っ毛になった場合は要注意!髪のケアはもちろん生活も変えよう!

更新日:



髪質ってたくさんの種類がありますが、髪の種類によって似合う髪型、出来る髪型は違います。

硬かったり太い髪質の人は、一般的にスタイリングしにくいと言われていますが、反対に柔らかい猫っ毛の人は、扱いやすいと思いますよね。

ただ、ボリュームが出にくいなどのデメリットがあることも確かです。

 

猫っ毛ってどういう髪質のこと?

猫っ毛がどういうものかという定義があるわけではないのですが、細く柔らかい毛のことを一般的に猫っ毛と呼びますね。

だいたい髪の毛の直径というのは、0.04ミリ~0.15ミリくらいというところですが、0.04ミリ~0.06ミリくらいだったら猫っ毛と言われるんじゃないでしょうか。

 

髪の色が黒いと、暖色系の髪の色の人に比べると細く見えますが、実は欧米の人よりもアジア人の方が髪は太いんだそうですよ。

特徴は?

猫っ毛というのは、髪が細く柔らかいので、ハリやコシがありません。

その分、そのふわふわな特徴を生かしたスタイリングをすれば、女の人であれば柔らかく可愛らしい雰囲気を出すことが出来ますね。

ただ、コシがないのでボリュームはあまり出せません。

そして湿気があったりすると、重みでペタンコになってしまったりするというデメリットがあります。

 

猫っ毛は生まれつき?

同じ髪質なんだから、生まれた時から猫っ毛なのか、大人になってから猫っ毛になったのかなんて、たいした問題ではなさそうですが、実は全然違うんです。

もしあなたが、年と共に猫っ毛になったのならちょっと問題がありますよ。

生まれつきなら大丈夫

生まれた時には、毛根の数によってすでに髪の総量ってだいたい決まっています。

そして、生まれた時の髪の本数と太さは反比例しているので、生まれつき髪が細い人というのは実は本数が多い傾向にあるんです。

さらに、14歳から24歳ころは、子供の時に比べて髪が太くなる時期だと言われているんです。

 

つまり、子供の頃から猫っ毛だった人は、大人になればそれなりに普通の太さの髪になり、本数も多めということなんですね。

大人になって猫っ毛になった人は・・

生まれつき猫っ毛だという人に対して、気を付けないといけないのが、大人になってから猫っ毛になった人です。

髪に何も問題がなければ細くなったりはしませんよね。

 

以前に比べてボリュームがなくなったり、今までのヘアスタイルが決まらなくなってきたという人は、後天的に髪が細くなったということであり、髪に何かトラブルが発生しているということですよ。

 

まずは猫っ毛の特徴を知る

生まれつきの猫っ毛なら、自分の髪質をよく分かっているでしょうが、もともとはそうでもないのに、段々と髪が細くなったという人は、細い髪の扱い方というものがイマイチ分からないものです。

まずは猫っ毛の特徴を知るところから始めましょう。

猫っ毛のデメリットから

大人になってから髪が細くなってしまった人というのは、今まで美容室でお願いしていたのと同じようなヘアスタイルにしてみても、なんか思ってたのと違う感じになってしまう・・という経験をするでしょう。

 

それはそうですよね。

一本一本の髪が細くなったんだから、全体的にボリュームダウンしているはずです。

以前のようにはいかないでしょう。

 

すると、どうにか以前のようなボリュームを!と、考える人が多いと思います。

そこでまず初めに思いつくのがパーマでしょうか。

しかし、残念ながら猫っ毛の人というのは、パーマがかかりにくいんです・・。

 

そして、長い髪というのも、髪の重みでトップがぺたん、と潰れやすくなるのでおすすめできません。

猫っ毛というのはなにかと制限があるんですね。

ただ、少なからずメリットもあるようですよ。

猫っ毛にはメリットも

なにか問題があって猫っ毛になってしまったのなら、喜んでいる場合ではありませんが、対策を講じているのなら、元のハリやコシのある髪質に戻るまでの間は、猫っ毛の特性を活かしたヘアスタイルを楽しんでみませんか?

髪質を変えていくというのは、そんなに短期間で出来ることではないので、しばらくは猫っ毛とお付き合いしていくことになるでしょうからね。

 

例えば、ピシッと決めるというよりは、無造作なレイヤーストレートや、ふわっとまとめたお団子で、顔周りはふわふわ垂らしておくような髪型は、コシがない髪質だから可愛くなるのかもしれません。

そんな風に、前向きに今の髪質と向き合うということも大切ですよね。

 

どうして大人になってから猫っ毛になってしまうのでしょうか?

猫っ毛になった = 髪が細くなってしまったということです。

やっぱりこのまま何の対策もとらないで、放っておいてしまうのはいけませんよね。

まずは、なぜ髪が細くなてしまったのかという原因から探っていきましょう。

FAGAという可能性

男性型脱毛症のことをAGAといいますね。

これはCMなんかでもやるようになって認知度が高くなったのではないでしょうか?

AGAは、男性ホルモンの影響でヘアサイクルが乱れて、髪がどんどん抜けていってしまうもので、きちんとした治療をしない限りほとんど治ることはありません。

 

AGAは名前に男性型とつくように、男性しかならないと思われがちですが、実は女性でもなるんです。

女性の場合、名前の前にFemale (女性の意) の頭文字である ”F” をつけて、FAGA (女性型男性型脱毛症) と呼ばれます。

 

女性は、男性に比べて男性ホルモンが少ないので、なりにくいといえます。

しかし、更年期やその他の原因でホルモンバランスが崩れてしまったときなどに、このFAGAになることがあるんです。

 

女性がなるFAGAは、AGAのように局部的に髪が抜けるのではなく、髪が全体的に薄くなったり、髪が細くなるという特徴があります。

もし、大人になってからの猫っ毛 の(つまり髪が細くなった)原因 がこのFAGAであるのなら、これは、専門医による治療が望ましいですね。

栄養のバランスが悪い

もともと、男性に比べると食が細い傾向にあるのに加えて、無理なダイエットなどを行って栄養が足りていない女性が増えています。

野菜は確かに健康にいいですが、野菜だけ食べていても体はもちろん、髪の毛だって作られません。

 

髪の毛を作るにはたんぱく質が必要です。

でもたんぱく質だけではダメで、たんぱく質が髪の毛になるためには、ビタミン類やミネラルも必要です。

そして、その他の栄養分もバランスよく摂ることで、総じて健康な体、健康な髪の毛が作られるのです。

 

栄養は、体にとって重要な場所から優先的に使われますが、髪の毛というのは、命を維持するうえでは優先度は低いです。

そのため、しっかり栄養が摂れていないと髪にまで栄養が行き届かなくなってしまいます。

すると、栄養が足りなくなって、細くて元気のない髪の毛になってしまうんですね。

 

色々な食材を数多く食べることで、バランスのいい食事をすることが理想です。

そして、たんぱく質とビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、そしてミネラルの中でも特に亜鉛が髪にはいいようです。

良い睡眠がとれていないのかも

まずは、しっかり睡眠時間は確保できているでしょうか?

子供の頃、私たちの体というのは寝ている間に大きく成長していました。

それには、就寝中に分泌される成長ホルモンが関係しているのですが、成長ホルモンの恩恵を受けるのは、なにも子供だけではありません。

 

大人になった今でも、成長ホルモンは睡眠中に分泌されていて、髪の毛や筋肉、骨などを成長させたり丈夫にしてくれているんですよ。

 

なので、ちゃんと睡眠時間が取れていないと髪にも悪影響なんですね。

でも、ただただ寝ればいいというわけでなく、深くて質のいい睡眠をとらないと、成長ホルモンは十分に分泌されないということが分かっています。

 

そのため、寝る直前までパソコンやスマホをいじっていたりするのはよくありません。

さらに、寝る直前に食事をすると、その後寝ていても、胃腸は働き続けないといけなくなるので、質のいい睡眠はとれません。

 

しっかりと質のいい睡眠をとるためには、寝る前はゆったりとリラックスして過ごすということが理想的です。

また、髪に悪影響を及ぼすストレスも、良い睡眠をとることで軽減されます。

心と髪のためにも、きちんと寝るということは必要なんですね。

間違ったヘアケア

シャンプー選びは何を基準にしていますか?

正しいシャンプーが出来ていますか?

間違ったヘアケアで髪が細くなってしまう場合もあるんですよ。

 

まず、シャンプー選びですが、安さで選んだりはしていませんか?

もちろん安いから悪いシャンプーというわけではありませんが、市販の安いシャンプーの多くが、洗浄力の強すぎる洗浄成分を使っています。

洗浄力の強すぎる物は皮脂を洗い流してしまうため、頭皮のバリア的な役割をする皮脂膜がなくなってしまうんです。

 

すると、頭皮環境が悪化してしまい、健康な髪が育たなくなってしまうというわけなんですね。

出来れば、肌と同じ弱酸性であり、洗浄力も優しいアミノ酸系のシャンプーを使うのがおすすめです。

 

そしてシャンプーの仕方ですが、

  • 皮脂が溶けてしまうので、熱いお湯ですすぎをしないこと。
  • 必要な皮脂を取りすぎてしまうので、一日2回以上シャンプーをしないこと。
  • 頭皮を傷つけてしまうので、爪をたててシャンプーをしないこと。
  • 頭皮で菌が繁殖してしまうので自然乾燥はしないこと(ドライヤーで頭皮まで乾かすこと)。

というようなことに、特に気をつけましょう。

 

猫っ毛に少しでもハリをもたせる方法

猫っ毛というのはハリもコシもなく、パーマもかかりにくいので、なかなかボリュームを出すのが難しいです。

また湿気のある日はペタンコになってしまうなど、なにかと厄介ですが、普段のヘアケアの仕方によっては、少し変わってくるようですよ。

シャンプーはノンシリコンがおすすめ

髪が柔らかく細い人にはノンシリコンシャンプーをおすすめします。

ほとんどのシャンプーやトリートメントにはシリコンが入っているのですが、それは髪の手触りをよくする為であり、それによってツルツルとした髪になるんです。

 

でも、シリコンは髪の一本一本をコーティングするので、髪が重くなってしまいます。

少しでもボリュームを持たせたい猫っ毛の人は、ボリュームが出やすいノンシリコンシャンプーがいいでしょう。

 

しかし、ノンシリコンシャンプーならなんでもいいわけではありません。

ノンシリコンシャンプーでは、シリコンによるツルツル感を出すことが出来ないので、髪に優しい洗浄成分を使っているものでないと、髪がギシギシになってしまいます。

ほとんどのノンシリコンシャンプーは、シリコン入りのシャンプーに比べるとツルツル感は出ませんが、洗浄成分がアミノ酸系などの髪に優しいものだと、使っているうちにサラサラの軽い髪になるはずです。

 

なので、猫っ毛の人は、アミノ酸系の洗浄成分を配合したノンシリコンシャンプーがいいと思います。

ボリュームアップ効果のあるヘアクリームを

最近ではボリュームアップ効果のあるヘアクリームというのもあります。

ヘアクリームなんて使ったら、それこそ重みが出てぺちゃんこになっちゃうんじゃないの?と思うかもしれませんが、そんなことないんですよ。

 

入浴後、髪が濡れているうちにクリームをつけて伸ばし、タオルで軽くふいた後にドライヤーで乾かします。

すると、マイクロファイバーが髪をコーティングしてくれて、すこしハリが出るというものです。

紫外線防止効果のあるものや、髪に良い成分を配合してくれている製品などもあるのがうれしいですよね。

ドライヤーで乾かす時に、根元の方から髪を立ち上げるようにして乾かすことが、さらにボリュームを出すポイントです。

 

髪に重みを持たさずにハリを出せるクリームがあるというのは、猫っ毛の人にとってはうれしいですよね。

 

猫っ毛の人のスタイリングは

ボリュームを持たせたくてスタイリング剤を付けているのに、その重みで髪のトップがつぶれてしまうというのは、猫っ毛の人の悲しい ”あるある” です。

特にワックスは油分が高いので髪が重くなってしまいます。

 

スタイリング剤は、スプレーかムースなどがいいかもしれませんね。

ただ、スタイリング剤を使いすぎてしまうと、シャンプーをしても取り切れなかったりして、毛穴の詰まりの原因にもなってしまうので、注意が必要です。

 

まとめ

猫っ毛の人ってふわふわしていて可愛い雰囲気ですが、なにかと取り扱いが大変なようですね。

生まれつきの人も後天的になってしまった人も、細い髪を注意して扱わないといけないという点では同じですが、後天的に猫っ毛になってしまった人は、すぐに対策を講じる必要があるようです。

生活習慣の改善や髪にいいシャンプー選び、髪に負担をかけないシャンプーの仕方を学び、健康な髪を育てましょう。

 

*オーガニックシャンプーのNo.1を大決定!

ランキング
【人気】オーガニックシャンプーおすすめランキング20選!

最近は髪への美容意識が高まり、オーガニックシャンプを選ぶ方が増えましたね。 少々お高いものでも、良いシャンプーはよく売れ ...

続きを見る



アスロングを早速試してみる!



★最安値公式サイトはコチラ!★

公式サイトはコチラ!









関連オススメ記事

-髪のトラブル改善法

Copyright© 【実証!】アスロングが効果は?口コミが良いって嘘?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.